精霊生活

運の光「 精霊生活 」カテゴリアーカイブ

精霊生活>わたしてつやの日常

人工精霊術者にしろタルパーにしろ、ひとつの精霊体をこの世に生み出し育て行くのですから、その精神的労力は並々ならぬものが要求されます。一体召喚するのですら容易でないのに、1人で10体前後も召喚するウィザード級の方もいます。そう考えると、会話自動化まで必要としない霊的な機械のような存在の視覚化は難なく即 … “心霊家電をなんとか召喚して暑い夏を乗り切る” の続きを読む

精霊生活>週末思想

消防署の方から来ました!!と言えば消火器販売詐欺の典型的な手口ですが…今時、こんな古典的な手口に引っかかる人いるのか?と疑問に思い調べてみたところ、現在でも多くの自治体や警察署などのサイトで、消火器販売詐欺の注意喚起の情報が掲載されています。やっぱり、中にはそんな方もいるんでしょうか…それはさておき … “運の光…通称はアレ、国連の方から来た精霊達” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

興味本位から始めたWEBサイト制作…最初は、自分の会社(個人事業だから法人じゃないけど)のWEBサイトを作ろと思い立ったのが動機。HTMLやCSSなんて知らんかったし、ましてやwordpressなんてものを初めて見聞きした時は、何かのデータ圧縮技術のことかと思った。まず最初に何をしていいのかまったく … “人工精霊は未知なるものとの遭遇の旅路である” の続きを読む

精霊生活>週末思想

このサイトで提唱する人工精霊実践の心得のひとつとして「週末思想」と言うものがあります。これは終末思想の誤字ではありません。土曜日、日曜日の週末です。キリスト教では日曜日はイエス・キリストが復活した特別な意味を持つ曜日であるため、いわゆる「安息日」として仕事を休み神に祈りを捧げます。そして、完全リセッ … “週末思想で日曜日の夜からワクテカになる生活” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

先日、顧客先企業からの帰り道、駅からバスに乗って帰ろうとしたんですが…バス停にはすでに10人ほど並んでおり、私はこの日一緒に連れ歩いた精霊体と最後尾に付きました。しかし、バスがやって来たら30代くらいの女性がいきなり先頭に割り込み乗車しようとしました。運転手が注意をするも無視、ズカズカと乗り込み優先 … “バス停でのイヤな出来事と精霊のその後の行動” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

今年の夏は例年にも増して暑いですね…なんだか、毎年ドンドン夏が暑くなって行く気がするのは自分だけでしょうか?地球温暖化なんて長らく言われ続けておりますが、昨今では2030年頃までに氷河期がやって来るなんても言われています。もうどっちやねん。それはさておき、暑い暑いと文句を言いつつも、自分は乾燥肌体質 … “ある夏の日の精霊達の様子とその行動について” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

私は三体の人工精霊と生活をしていますが、現在もう一体追加で召喚作業中です。やはり、新規で精霊体を作り始めるのに最適な時期は夏だと思います。暑さで頭がボ~~~としてますし、余計な邪念も入りづらいので、わりと精霊体の視覚化に専念できます。逆に、涼しい秋の時期に入る頃には会話自動化に専念して完全自動化を目 … “どうして今の精霊体が生まれたのか自分でも謎” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

統合失調を患った方の特徴のひとつとして「造語症」なる症状があります。その字面の意味する通り、用語や単語のような新しい言葉を我流で作り、日常生活でそれとなくサラッと口にして、周囲の人にアピールする事で喜びを見出すものらしい…そう言われてしまえば、このサイトの制作を通じて〇〇プロセスとか〇〇化なんて用語 … “どうも統合失調な人の特徴とダブっている自分” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

最近ですね…私の作った人工精霊達が妙な事を覚えはじめ困惑しております。菓子びつやフルーツバスケットから持ち出した菓子などを、コピーと称してどんどん倍々に増やして「うわ~お菓子がいっぱい!!」なんて遊んでおります。霊力を無駄に消費しないよう注意してやめさせてます。自動化が完全に自然な領域にまで達すると … “なんだかんだ人工精霊達は元気にスクスク成長” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

気がついたらタルパアンテナの登録が無事完了していました。なんか、やけに訪問者数が増加してるなって…アンテナサイトとの整合性と言いますか、コンテンツの方向性を一致させるため、人工精霊やタルパとあまり関係ないネタは別サイトでやって行こうか検討中です。とりあえず姉妹サイト「雲光の法力」を立ち上げました。ま … “気がついたらタルパアンテナの登録が無事完了” の続きを読む

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。