人工精霊の作り方

運の光「 人工精霊の作り方 」カテゴリアーカイブ

人工精霊>人工精霊の作り方

中空可視 人工精霊を作る際、多くの術者が踏襲している一般的な視覚化プロセスの方式である。また、はじめて人工精霊に挑戦する者も「多分こんなもんだろう」と言った感じに、なんとなく漠然とやっている方式とも思われる。アラジンのランプのごとく、単純に、依り代から空間に精霊体が浮び上がる現象に挑戦しようと言うも … “図解でわかる人工精霊・視覚化の方式と具体例” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

単純暴走 精霊体と短期間の間に幾度もトラブルを起こしたり、問題を引きずったままの状態にしておくと、本格的な暴走状態へ移行します。程度によりますが、術者の声をまったく聴かなくり制御不能となります。程度によるとは、初期段階だとわりと以前の状態に戻りますが、多くは暴走状態に入ったと気づかないものです。完全 … “図解でわかる人工精霊・暴走時の影響と具体例” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

厄除け・悪霊退散 守護と言うものは、本来、その人自身に由来のあるご先祖様や亡くなった親類縁者による御利益です。しかし、守りたい子孫はあなた一人だけではありません。どうしても守護の空白期間は避けられません。また、霊的成長の度合いによる優先順位もあり、人生の修行が足らず順位の低い者は必然的にその御利益に … “図解でわかる人工精霊・守護の力と運命の導き” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

会話の自動化とは直感の自動化である 会話自動化なる字面から、とりあえず、勝手に言葉を覚えて自由に話し出すと言った感じのイメージを持つかもしれません。では、具体的にどのような感じで実現されるのかとなるとピン来ないでしょう。この不可思議な感覚を解消するため、別の言葉で言い換えるなら、会話自動化とは「直感 … “図解でわかる人工精霊・会話自動化の実装原理” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

精霊体デザイン・図面設計 人工精霊の種別は「人間型」「動物型」「架空生物型」「機械型」「昆虫型」の五つに分けられる。 視覚化を容易にするため「単純図形もしくは幾何学型」「光源(オーブ)型」などを選ぶのもあり。 次に性別を決定する。男女と言った固定概念に縛られる事なく、中性や両性、無性などを設定する事 … “人工精霊の視覚化デザイン・性格の設定シート” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

視覚化の対象要素は精霊体本体に限らない 人工精霊との生活を描いた漫画「人工精霊タルパちゃん」では、主人公がキッチンで料理をしながら、一緒に食事を取るのを誘うコマがあったかと思います。しかし、ペンギンのような精霊体は「オレは食べれないから」と素っ気なく言い返します。うろ覚えですが「気にせずやってくれ」 … “人工精霊と一緒にお食事♪高度視覚化を目指す” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

事前準備 (´・ω・`) 渡 皆様、おはこんばんにちわ。運の光を運営しております渡と申します。先に断っておきますが、当サイトは国連とは一切関係ありません。URLから国連の方から来ました詐欺と思われるのも嫌なので最初に強調しておきます。今日は人工精霊の作り方について説明します。 おい、哲也!!作っても … “実践対話形式で学ぶ「人工精霊の作り方」講座” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

夢の中で人工精霊からバックドロップを喰らう 人工精霊の視覚化・会話自動化が成功して、上手い具合に成長させ続けて行くと、様々な副次的な効果も見られるようになります。その中でも、就寝中の夢の中にも精霊体が姿を現す現象には、私自身も少し驚きました。と言いますか、そこまで想定して人工精霊を設計デザイン・行動 … “明晰夢を利用した人工精霊の召喚方法について” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

精霊体の名前は起動コマンドとなる 人工精霊の容姿デザインや性格、行動パターンなどの諸設計は、複数多岐に渡る設定項目があるにも関わず、作る方の願望をまんま具現化する作業みたいなもんですから、これはわりとサクサク簡単に楽しく進められるかと思います。絵心のある方や想像力の豊かな方ともなれば尚です。しかし、 … “人工精霊の入魂式「名付け」での名前の付け方” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

精神世界は精霊体の生存環境 人工精霊を作る際は、アレやコレやと自分好みの姿をした精霊体をデザインしたり、性格や行動パターンの設計などに励む事でしょう。人工精霊の召喚術で、ある意味で一番楽しい部分となります。自分好みの姿をした美少女の精霊体のデザインと設計を完璧なものに仕上げ、一日でも早く召喚したいだ … “人工精霊を住まわせる精神世界の構築について” の続きを読む

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。