よくある質問

運の光「 よくある質問 」カテゴリアーカイブ

人工精霊>よくある質問

精霊体の姿を想像する事に意識を集中させる 初めて人工精霊を作ろうとする際、必ずこのプロセスでつまずきます。多くの挑戦者が、この段階で人工精霊を作る事をあきらめてしまいがちです。でも、上手く行かないからと言って落ち込む必要はありません。むしろ、上手く行かない事の方が至極当然です。そもそも、存在しないも … “視覚化に成功する具体的な方法とコツは何か?” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

身勝手で理不尽なものでなければ基本なんでもOK 自分の弱点や苦手意識の克服など、人間として成長できる感じのお願い事が一番効果があります。他人を困らせるお願い事や、金運アップの目的からお金をダイレクトに求めるお願い事はNGです。特定個人との両想い成立など、都合の良すぎる恋愛成就を目的としたお願い事もダ … “人工精霊は何でもお願い事を叶えてくれるの?” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

人工精霊で攻撃できるの?復讐できるの? 人を呪わば穴二つなのでやめましょう。ここで唱える人工精霊は守護霊・守護精霊であり、生霊返しなどの防御に徹するだけです。他人に対して積極的な危害を加える目的※1で利用しようとすると、質の悪い生霊が完成するだけです。それでも良いなら、すべてを失う覚悟でやって下さい … “使い魔として操り復讐目的の攻撃はできるの?” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

複数体作っていいの? 複数体の精霊体を作っても問題はありません。その場合、パワーストーンは作りたい数の分だけ用意してください。双子の人工精霊とか変わったタイプのものを作りたい場合を除いて、ひとつの依り代に一体が原則です。家内安全用や交通安全用といった感じに、人工精霊たちに役割分担させると良いでしょう … “作りたい人工精霊の数と種類に制約はあるの?” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

人工精霊の色 一般的な心霊現象による霊体に色があり、その性質や性格によって変化するように、人工精霊の精霊体にも色があります。色と言いましても、精霊体の輪郭を囲む感じの全身の色調です。人工精霊を作った本人や家族などの関係者に有益なものは、全体的に明るい感じのする「白」や「紫」などの色です。良くなればな … “視覚化する場合のサイズと触覚はどうなるの?” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

人工精霊の性別 人工精霊の種類にはいろいろありますが、人間型にしろ動物型にしろ、当然ではありますが、精霊体をデザインする際の必要となる設定項目として「性別」もあります。性別というと「男性」と「女性」に二つに分かれるものとイメージしがちですが、人工精霊の作成においては「中性」や「両性」もありです。機械 … “人工精霊の性別と年齢はどんな感じにするの?” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

一般的な人工精霊とタルパは別物 ネット上を見てみると「人工精霊」=「タルパ」と認識されているものが多数散見されます。タルパも人工精霊の一種ではありますが、本来は「密教」で伝わる精霊の召喚技法で、依り代を使用せず、精霊体を自分自身の精神領域に憑依させるという独特のものになります。一度でもタルパを完成さ … “タルパを人工精霊に変換する方法はないのか?” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

ロボット型の人工精霊 人工精霊は「人間型」と「動物型」の二つの種類に大別されます。一方で、人間型でも動物型でもない種類もあります。ロボットなどの機械類・メカニック的なものです。または、人間型もしくは動物型の精霊体だけど、あえて感情は持たせず、機械的な動きと言動しかしない人工精霊です。試した事はありま … “人間型や動物型以外にどんな種類が作れるの?” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

インコやオウムに言葉を覚えさせる時の感じ 挨拶など、日常生活を送る上で基本的となる簡単な言葉を、術者と精霊体との間で単調にやり取りする感じになります。朝起きたら、依り代となるパワーストーンに対して「おはよ~」と話しかけると、精霊体から「おはよ~」とオウム返しされます。まさにインコやオウムに言葉を覚え … “会話自動化プロセスでは具体的に何を話すの?” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

人工精霊の製造方法に基準はない ぶっちゃけ、人工精霊の術者はラーメン屋の店主と同じノリでやっているようなものです。店によってレシピや製法が異なり味が違うように、人工精霊の作り方に基準なんてものはありません。人工精霊の製造と育成は、特定の誰かによって決められたルールや規則なんてものはありません。このサ … “術者によって作り方が微妙に違うのはなんで?” の続きを読む

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。