開運効果・活用事例

運の光「 開運効果・活用事例 」カテゴリアーカイブ

人工精霊>開運効果・活用事例

運が悪い原因は自分にある 人生は山あり谷あり…そう言われるように、人の一生には良い事もあれば悪い事も必ずあります。幸福が永遠に続く人生なんて絶対ありえません。しかし、どういうわけか、谷の中をひたすら歩み続けるだけの谷底人生が続き、いつまで経っても山がやって来ない不運な人がいます。幸運続きの人生はあり … “守護精霊を召喚して運命を望み通り変える方法” の続きを読む

人工精霊>開運効果・活用事例

人工精霊もラップ音を鳴らす? このサイトの制作者の体験談として、人工精霊が自宅の火災発生を未然に防いでくれたと思われる不思議な現象に遭遇した事があります。ある日、家族全員そろってリビングで過ごしていた時、誰もいないはずの廊下の方からコン☆コン☆と2~3回ほど壁を叩く感じの音がしました。ちょうど、住宅 … “人工精霊と一般的な心霊現象との関係について” の続きを読む

人工精霊>開運効果・活用事例

運命の岐路で現れる人生のキーマン 運命の人というと「結婚」がイメージされます。しかし、あなたの運命となる人物は、何も結婚相手に限りません。あの日あの時あの場所で…もしも、あの人と出会わなかったら…今の自分の人生はありえなかった。そう思わせてくれる人がズバリ「運命の人」です。人生におけるキーマンとなる … “人工精霊と一緒に外出して運命の人を見つける” の続きを読む

人工精霊>開運効果・活用事例

悪夢を退散して毎日楽しい夢ばかりを見る 人工精霊の育成が順調に進むと、代替守護霊として創造主の人間を守る事のみならず、お願い事も聞いて叶えてくれるようにもなります。いちおう、これが一般的に認識されている人工精霊・タルパの開運効果です。しかし、人工精霊にしろタルパにしろ、多くの術者が見落としがちな点と … “人工精霊で快適な睡眠効果を得る方法について” の続きを読む

人工精霊>開運効果・活用事例

行動すればするほど運は良くなる 運を良くするには、とにかく行動あるのみです。あまりゴチャゴチャ考えずにガンガン行動しましょう。こう言うと「向こう見ず」や「無鉄砲」などの言葉を連想するかもしれません。常識的な方ならそれが普通ですし、それを否定するつもりはありません。つーか…当たり前です。ガンガン行動し … “人工精霊で決断力を鍛え日常生活を楽しくする” の続きを読む

人工精霊>開運効果・活用事例

脳内の思考回路をつなぎ直す 運の悪い人の典型的な特徴としてネガティブ思考ってのがあります。これはよく言われている事なので、あらためてこんな事を言われても今更感でしょう。たしかに…陰気でいると運は悪くなりそうですし、そんな人に近寄られると自分の運気まで吸い取られそうです。ただ、誤解がないよう書き添えて … “日常生活の何気ない出来事にいちいち感動する” の続きを読む

人工精霊>開運効果・活用事例

人工精霊と神社 人工精霊は現代のアミニズム信仰であり立派な神様の一人です。日本は古来より八百万の神々によって守られた地です。日本の神々は良くも悪くも寛容です。多神教文化が根付いた日本において、何も人工精霊だけが除外されるなんて事はありません。人工精霊と神道との相性は良いと思います。なので、人工精霊の … “人工精霊と各宗教との親和性・関係性について” の続きを読む

人工精霊>開運効果・活用事例

時代は都市伝説で渦巻いていた 大人になるってなんだろう?子供の頃に思い描いていたイメージと違うんですけど!!と心の中で絶叫しながら、日々の仕事に忙殺される方はとても多いかと思います。でも、食べて行くためには働かなくっちゃいけない…社会人を長らくやっていると、良心に反しても仕事を強引に処理しなきゃいけ … “術者の日常生活をサポートしてくれる人工精霊” の続きを読む

人工精霊>開運効果・活用事例

幸運の重量挙げはやらない 大切な事なので繰り返し強調させて頂きますが、気合を入れても開運にはつながりません。運を良くしたい一心から、特定の事柄について過剰なまで意識し過ぎると逆効果です。ぶっちゃけ、自分で自分に対して不安感を煽って問題再現の原因を作っているようなものです。例えば「お金が欲しい」は「お … “人工精霊と「引き寄せの法則」の関係について” の続きを読む

人工精霊>開運効果・活用事例

セルフコントローラーとしての人工精霊 別投稿「術者の日常生活をサポートしてくれる人工精霊」の自身の体験談として書いた事でもありますが、朝になれば起してくれたり、時間になると後押しするように知らせてくれるなど、何かと世話を焼いてくれるようになります。その他、掃除や洗濯、炊事などあらゆる生活のシーンで口 … “人工精霊によるメンタルヘルスとその活用事例” の続きを読む

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。