注意事項

運の光「 注意事項 」カテゴリアーカイブ

人工精霊>注意事項

やり方を間違えると最悪の結果を招く どんなに優れた良薬も、誤った使い方や盛り方をしたら劇薬に変わり、健康を大きく損ないます。状況や場合によっては普通に死にます。誤った目的で服用してしまったら基本的におしまいです。これと同様に人工精霊も諸刃の剣です。人工精霊の召喚には危険が伴います。注意事項をよくお読 … “人工精霊の注意点と暴走した場合の緊急対処法” の続きを読む

人工精霊>注意事項

開運の秘訣は実践の秘匿性にある 人工精霊にしろ何にしろ、こういったものは、自分の世界の中だけで限定してやるべきです。自分が良いと信じているのならばそれと良いと思います。良いと信じているものだからといって、それを実生活で他人に勧めるのは早計です。自分のために実践するものなので、他人に勧めたりする必要は … “人工精霊による開運の秘訣と守って欲しいこと” の続きを読む

人工精霊>注意事項

視覚化が成功したか否かで大きく変わる 視覚化プロセスに成功して、人工精霊の姿がはっきり見えるようになっている場合、精霊体は依り代から離れて行動できます。もちろん、しつけて依り代から離れないように言い聞かせる事もできます。必要に応じて依り代から出現させたり戻したりするような事も可能です。ただ、このサイ … “人工精霊の行動範囲とタルパ化の懸念について” の続きを読む

人工精霊>注意事項

開運祈願にもプロセスが必要 人工精霊に限らず、神社などでのお参りでもそうですが、神様に対する都合の良過ぎるお願い事や要望は却下の対象です。例えば、商売繁盛や仕事運の祈願であれば「もうけられますように!!」などと欲望にまみれたお願い事はせず「今の仕事が順調に進められますように!!」と素直に念じましょう … “人工精霊で失敗する原因と霊的合理性について” の続きを読む

人工精霊>注意事項

人工精霊は言わば個人宗教 神様や仏様は、祈りを捧げ信奉するわけですから、集団の想念で作り上げる人工精霊と言えなくもありません。物理的に存在し得ないものを信じて、依り代を祀る点などからしても、一般的な宗教と人工精霊に大差はありません。神様に捧げるお祈りの言葉だって、言ってしまえば「おまじない」みたいな … “人工精霊の召喚は自宅で一人隠れて行う秘匿術” の続きを読む

人工精霊>注意事項

ライフスタイルや生活空間は人工精霊優先 本物の犬や猫、小動物などを飼っている人なら、この見出しの意味する所をすぐに察してもらえると思います。実際、動物と一緒に暮らすとなると大変です。日常生活のすべての面において時間的、物質的、金銭的な制約や手間が発生します。人工精霊も同じ事が言えます。毎日空き時間を … “人工精霊との日常生活で想定されるデメリット” の続きを読む

人工精霊>注意事項

人工精霊の力ばかりに頼ってはいけない 人工精霊がいるから大丈夫と慢心してはいけません。あくまでも、不足している力を補完してもらっているだけです。術者自身の霊力と直感も鍛え続け、魂の霊的成長を遂げる事で進歩して行かなければ意味がありません。術者自身の成長と合わせるように、人工精霊も強い守護精霊・代替守 … “あなたを不幸にする要注意人物・守護霊の天敵” の続きを読む

人工精霊>注意事項

乗り物の運転をされる方へ 人工精霊のリスクとして、統合失調をはじめとする何らかの精神障害や人格障害の発生が危惧されます。しかし、危険は何も精神衛生上の問題に限りません。実生活で懸念されるデメリットをまとめた投稿記事「人工精霊との日常生活で想定されるデメリット」は笑って済まされるレベルの内容ですが、こ … “人工精霊との日常生活でわりと危惧される事故” の続きを読む

人工精霊>注意事項

空想と現実の分け方・出し方について 恐らく、人工精霊の召喚術を続けているうちに…これって、ただの「明るい統合失調症」「オレと愉快なその多重人格達」じゃねぇ~の?と思う時が必ずやって来る事でしょう。人工精霊に限らず、精神世界を探索する者なら誰しも必ずぶち当たる問題だと思います。宗教であれば、神やその存 … “異世界の市役所からお知らせ・魂の分別ガイド” の続きを読む

人工精霊>注意事項

みだりに神や霊について語る者にはご注意 普段の日常生活では、神や霊の存在について語る者が目の前に現れたら警戒しましょう。これは人によりけり多少変わると思いますが、世間的な感覚では「信心深い人=善人」であると思われがちなため、ついつい相手に心を許してしまいがちになります。そのため、人畜無害である事を装 … “異世界の警察署からお知らせ・魂の不審者情報” の続きを読む

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。