人工精霊

運の光「 人工精霊 」カテゴリアーカイブ

人工精霊>開運効果・活用事例

運が悪い原因は自分にある 人生は山あり谷あり…そう言われるように、人の一生には良い事もあれば悪い事も必ずあります。幸福が永遠に続く人生なんて絶対ありえません。しかし、どういうわけか、谷の中をひたすら歩み続けるだけの谷底人生が続き、いつまで経っても山がやって来ない不運な人がいます。幸運続きの人生はあり … “守護精霊を召喚して運命を望み通り変える方法” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

人工精霊を作る前に 精霊というと、おとぎの国で平和に暮らす住人、自由奔放で無邪気に行動する生き物をイメージするかもしれません。精霊も心霊体であり立派な霊です。とても気まぐれな存在であり、人間に対して有益な行為をするかと思えば、ある日突然、攻撃的な性格に豹変して害をなし始めるなど、極端な二面性を持ち合 … “パワーストーンで守護精霊を作る方法について” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

自分好みの姿をした人工精霊をデザインしよう まずは、作りたい「人工精霊」の種類を決めます。種類として「人間型」と「動物型」の二つに大きく分けられますが、好きな方を選べばいいでしょう。人間型の場合、好みの異性でも何でもかまいません。動物型の場合、現存する生物でなくても構いません。想像上の生き物でも過去 … “可視化する人工精霊のデザインと設定について” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

人工精霊との会話を自然なものにする 設計した人工精霊の性格にもとづき、精霊との会話を試みます。会話と言っても、最初のうちは依り代に対する一方的な話しかけです。挨拶する感じの程度でかまいません。最初のうちは簡単な言葉から始めます。あまり複雑な言葉は思い浮かべないでください。精霊の姿や行動の視覚化と同様 … “会話自動化で作った人工精霊にお願い事をする” の続きを読む

人工精霊>注意事項

やり方を間違えると最悪の結果を招く どんなに優れた良薬も、誤った使い方や盛り方をしたら劇薬に変わり、健康を大きく損ないます。状況や場合によっては普通に死にます。誤った目的で服用してしまったら基本的におしまいです。これと同様に人工精霊も諸刃の剣です。人工精霊の召喚には危険が伴います。注意事項をよくお読 … “人工精霊の注意点と暴走した場合の緊急対処法” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

人工精霊を作る前は悪霊退散!? 人工精霊をはじめる前に、まず、部屋の状態を確認しましょう。あまりにも汚く散らかっている場合は、掃除をして整理整頓してください。そして、朝起きたら部屋の換気くらい毎日しましょう。悪霊や怨霊は汚い場所が大好きと相場が決まっています。長らく換気が行われず、空気がよどんだ部屋 … “人工精霊と暮らす除霊不要な室内環境の作り方” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

精霊体の姿を想像する事に意識を集中させる 初めて人工精霊を作ろうとする際、必ずこのプロセスでつまずきます。多くの挑戦者が、この段階で人工精霊を作る事をあきらめてしまいがちです。でも、上手く行かないからと言って落ち込む必要はありません。むしろ、上手く行かない事の方が至極当然です。そもそも、存在しないも … “視覚化に成功する具体的な方法とコツは何か?” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

身勝手で理不尽なものでなければ基本なんでもOK 自分の弱点や苦手意識の克服など、人間として成長できる感じのお願い事が一番効果があります。他人を困らせるお願い事や、金運アップの目的からお金をダイレクトに求めるお願い事はNGです。特定個人との両想い成立など、都合の良すぎる恋愛成就を目的としたお願い事もダ … “人工精霊は何でもお願い事を叶えてくれるの?” の続きを読む

人工精霊>人工精霊の作り方

どうしてパワーストーンが必要なの? 古代から石には不思議な力が宿っており、それを身に付ければ「御守り」になると信じられていました。なので、パワーストーンを人工精霊の依り代に使うには好都合です。特に水晶がおすすめです。ピンからキリまでありますが、ネット通販で探せば手頃な値段なものを見つけられます。高価 … “人工精霊の依り代にパワーストーンを使う理由” の続きを読む

人工精霊>よくある質問

人工精霊で攻撃できるの?復讐できるの? 人を呪わば穴二つなのでやめましょう。ここで唱える人工精霊は守護霊・守護精霊であり、生霊返しなどの防御に徹するだけです。他人に対して積極的な危害を加える目的※1で利用しようとすると、質の悪い生霊が完成するだけです。それでも良いなら、すべてを失う覚悟でやって下さい … “使い魔として操り復讐目的の攻撃はできるの?” の続きを読む

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。