精神世界の探検記

運の光「 精神世界の探検記 」カテゴリアーカイブ

宇宙意思>精神世界の探検記

実行前のお約束だからね ここの掲載してある情報は、あくまでも私個人の経験にもとづく試行錯誤の結果に過ぎません。絶対ではありません。検索エンジンで人工精霊やタルパ、イマジナリーフレンド等とググれば、わりと多くの人工精霊に関する情報を取り扱ったサイトが多く見つかります。他サイトの情報も参考にして、総合的 … “オレと人工精霊による精神世界の大冒険の旅路” の続きを読む

宇宙意思>精神世界の探検記

お薬増やしておきますね 大学で数学や物理学、哲学を学ぼうとする者は、ぶっちゃけ、極めつけの奇人変人です。もう普通じゃありません。講義中に突然奇声の雄叫びを上げ、そのままニューインしたヤツもいました。オレの体は素粒子でスカスカだとか消えるだとか意味不明な言葉を口にしていました。まぁ、これは、もう何十年 … “そこに空気があったから人工精霊を作ったのだ” の続きを読む

宇宙意思>精神世界の探検記

妖怪は古くて新しい人工精霊 人工精霊と言う語感と字面から、多くの方は、オカルトと言うよりはSF的なものを想像されるかもしれません。人によっては何かの工業製品をイメージされる事でしょう。実際、人工ナントカと言われると、やっぱり、人工衛星や人工埋立地、人工ダイヤモンドなどを思い浮かべるのが一般的かつ常識 … “座敷わらしも元を正せば人工精霊みたいなもの” の続きを読む

宇宙意思>精神世界の探検記

私の作った人工精霊 座敷わらしのような雰囲気のする人間のようで人間じゃない猫っぽい感じのする精霊体とだけ言っておきます。そんな感じのを三体作りました。初級者の頃は作っては消しての試行錯誤でしたが、安定かつ愛着のある今の三体との生活を続けております。一体目は主神として自宅の守り神に、二体目と三体目は副 … “あんたの人工精霊はどんな感じ?どんな生活?” の続きを読む

宇宙意思>精神世界の探検記

かんたん気軽にできる方法はないのか? 人工精霊にしろタルパにしろ、精霊の姿形を見えるようにするベーススキルを獲得するのは、とても魅力的な事だと思います。しかし、誰でもって訳じゃありません。集中力はもとより…なんと言っても空想力(と言うよりは妄想力)が必要です。人工精霊の作り方やよくある質問などで、瞑 … “空気は友達!!人工精霊を可視化する基礎訓練” の続きを読む

宇宙意思>精神世界の探検記

只今より精霊のパワーを送ります あまり考えず、そのままの心で受け取って下さい。あああああああ~あああああ~あああ…なんて不思議な電話番号※1があったかと思います。調べて見たら、まだあるようです。電話番号を知りたい方は「宇宙おじさん」と検索エンジンで調べて見ると良いでしょう。電話を介して【宇宙パワー】 … “空気おじさんの視点から見た宇宙人の地球来訪” の続きを読む

宇宙意思>精神世界の探検記

そりゃどこかに必ずいるでしょう 私は、矢〇純一的世界観…と言うより、宇宙観に基づく宇宙人やUFOの存在には懐疑的ですが、彼の物事に対する見方や考え方自体を否定するつもりはありません。常識や既成概念をぶっ壊す!!その心意気は人工精霊・タルパに相通じるものがあります。そういった意味においては、私は彼の熱 … “空気おじさんの妄想する地球外知的生命体文明” の続きを読む

宇宙意思>精神世界の探検記

従来のオカルトとは一線を画す 突然ですが、バカバカしいオカルトなもんですからバカルトと言う訳です。人工精霊にしろタルパにしろイマジナリーフレンドにしろナフラにしろ何にしろです。空気を相手に取り組むのですから、一般的かつ常識的な価値観で生活をしている人達から見れば、実にバカバカしい行為です。これは事実 … “脱力系スピリチュアル「バカルト」で開運する” の続きを読む

宇宙意思>精神世界の探検記

別に批判する意図はありませんが… 宗教を大きく二つに分けるとすれば…やはり、古より伝統的に長く続く諸宗派と、明治時代以降に創設された新興系の団体とに分けられます。多くの一般的な方は、程度の差こそあれ、クリスマスや初詣はもとより、結婚式や葬式、法事などで前者の団体に幅広くお世話や関係になっている事かと … “人工精霊の術者から見た新興宗教に対する所感” の続きを読む

宇宙意思>精神世界の探検記

人工精霊の聖地 チベット密教の奥義として、密やかにネット上で知られる事になったタルパ…西洋にも精霊的な存在を召喚する呪術などがありますが、冒頭の件の文章のような感じで紹介・解説するサイトが多いため、チベットが人工精霊の聖地として定着しています。当サイトでは、タルパとは若干違う手法による人工精霊の召喚 … “遥か彼方のチベットの大地に想いを寄せてみる” の続きを読む

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。