ブログ

運の光 トップカテゴリアーカイブ

精霊生活>わたしてつやの日常

コンビニからの帰り道、歩道を歩いていたら、いつもよく利用している自宅近くのバス停に、最寄駅方面からやって来たバスがちょうど止まっていました。私の住んでいる地域は田舎ですので、降りて来る人達はほとんど近所の顔見知りばかりです。しかし、バスから降りた途端、全員スマホを取り出し食い入るように画面を見つめ始 … “暗い夜道の歩きスマホは別の意味でも危険度大” の続きを読む

人工精霊>注意事項

会話自動化を安全に最短取得できるスキル 精霊体の視覚化に成功したものの会話ができない…もしくは、視覚化はあきらめて会話自動化に挑戦したもののやっぱり会話もできない…どちらの条件であろうとも、どうにかして精霊体と意思疎通をはかり、一日でも早くお願い事をして見たいのが人情でしょう。わかります。でも、金槌 … “空耳力を鍛えて安全な会話自動化スキルを発動” の続きを読む

精霊生活>週末思想

突然、振って湧いて出て来たサマータイム(夏時間)の話…かつてない猛暑の影響を懸念してなのか、東京オリンピックが開催される2020年まで導入することが前向きに検討されています。具体的には、気温がもっとも上昇する6~8月までの間は、時計を2時間早めて朝の涼しい時間帯を活用しましょうと言うものです。連日の … “サマータイムなんかよりシエスタの方を望むわ” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

夏場の自宅トイレは本当に危険な場所です。空気の流れが悪い閉所ですから、汗も乾きづらく体温調節がまったく効きません。油断すると数分でたちまち体温が上昇、気がついたら意識を失いそのまま…なんてのは決して大袈裟ではありません。だいぶ前の話ですが、私の実家近所でも、トイレ内で座って用を足していたら熱中症にか … “トイレに入る際は熱中症に十分注意しましょう” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

長い物には巻かれろなんて言葉がありますよね…とりあえず、権力のある人をヨイショしておいて、その恩恵に授かるのが利口な生き方だとされています。万が一の際は、責任を押しつけて逃げる事もできるので、下手に出世するよりは取り巻きに徹するのが一番無難でしょう…こんな事を言うと悲しく思う人がいると思います。しか … “空気から登場して空気に溺れる独裁者達の運命” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

今週、大俳優の津川雅彦さんが亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします…津川雅彦と言えば、大半の方は時代劇などで重鎮の役を演じる俳優のイメージが強いかと存じます。個人的には、国税局査察部(通称マルサ)と悪質な脱税犯とのスリリングな攻防を描いた映画「マルサの女」で演じた花村統括官の印象が根強く心に残って … “税務署に空気を申告して金運に見放される人達” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

東京医科大学の問題がアレやコレやと連日報道されていますが…ぶっちゃけ、庶民がこのニュースを見て憤慨しても致し方のない話のようにも思えます。あちらにはあちらの世界の流儀があるのでしょう。ただ、確実に言える点は、この問題で嫌悪感を覚えたなら「同大卒の男性医師の受診は避ける」もしくは「同大卒の女性医師なら … “精神力の強さから言えば医者は霊能者より強い” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

このところ、北海道森町を中心に、道南地方でUFOの目的談が多数報告されているそうです。先日よりの報道で、すでにご存知の方も多いかと思います。たぶん、あるニュースサイトに掲載されていた動画の…うわあぁあああ!!気持ち悪るぅううう!!の大絶叫にドン引きした事でしょう。まともな神経の持ち主の方ならUFO以 … “北海道で未確認飛行物体の目撃談が多数報告?” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

私の場合、現実世界の視界と精霊体を重ね合わせただけの程度に限定されています。なので、自分の精神世界は、現実世界を背景にして存在している精霊体達そのもので、限りなく現実世界に近い感じの簡単なものだと言えるでしょう。朝になれば起してくれ、食事は一緒に食べて、仕事中は秘書のような感じで立ち振る舞い、買い物 … “ダイブ専用の精神世界が欲しくてデザイン妄想” の続きを読む

精霊生活>わたしてつやの日常

人工精霊に限らず、スピリチュアル体質を強化するためには、まず、術者の直感力を鍛える必要があります。瞬間的に何かを読み取ったり感じ取る、見抜くと言ったスキルと言うものは、知識だけではどうにもなりません。もちろん、知識は大事ですが、感性を養わない限り直感は働きません。学校の教科書や専門書による勉強は大事 … “あなたの人生を狂わせる手にしてはいけない本” の続きを読む

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。