神の法理を超越すれば、カボチャなんて力を入れなくても簡単に切れるようになります(´・ω・`)

このサイトについて

運の光メインページ

人工精霊って何やねん!?

精神を集中させて何もない無の空間から精霊を作り出そうと言うものです。とどのつまり、生霊の発生原理を応用して自分だけの守護霊を生み出そうと言うものです。人為的に作り出す心霊体ですから「人工精霊」や「人工妖精」等と言います。霊と言うと何だか怖いものをイメージしますが、この世は多くの生霊で渦巻いています。それを良い方向に活用して、自分の運命を正しい方向に変えて運を良くしようと言うものです。それって…もしかして「空気友達」の事ですか?なんて突っ込みはなしです。人工精霊はそれとはまったく別次元のものです。空気友達はただの空想の産物に過ぎません。そこに友達がいるかのように見えてるいる振りをしているだけの行為に過ぎません。しかし、人工精霊は本当に姿が見える域までやり込みます。精霊体との会話も完全に自動化され、術者と複雑な言葉のキャッチボールができます。完全に自立した存在です…って、それって、ただの統合失調症では?なんて突っ込みもなしです。もちろん、そうなるリスクはあります。でも、注意事項さえ守っていれば問題ありません。人工精霊は運が良くなるだけでなく、いろいろお願い事も聞いてくれます。そのメリットを考えれば、リスクやデメリットは小さな問題です。集中力と妄想力をフル全開させて、あなただけの精霊さんを作り上げていきましょう。デザインする人工精霊は人間型から動物型まで自由に設定できます。自分好みの姿をした精霊体を生み出す事が可能です。本サイトは人工精霊メインでやって行きますが、サブコンテンツ的なものとして自然精霊もやってます。こちらは風水の考え方を応用して、外から自宅に精霊さんを呼び寄せるものになります。

このサイトは何なの?

インターネットというものは、特定の誰かや組織によって一元的に集中管理されているわけではありません。世界中の技術者が話し合いによって技術策定、管理運営され、絶えず改良による進化を続けています。まさに集合知の産物です。人工精霊も同様に、誰かによって決められたルールはありません。でも、策定や改善を実現するための繋がりはありません。入門サイトは以前に比べ増えましたが、核心を突く情報を扱ったサイトは皆無です。検索エンジンで詳しく調べようとすると「魔法陣グルグル」や「ローゼンメイデン」などのオカルト物アニメに関するサイトがたくさんヒットする始末です。私の場合、昔読んだ某オカルト雑誌(発行元はオカルトでなく哲学だと主張)で書かれてた人工霊?に関する記事の記憶を頼りに、単独で人工精霊を開始して試行錯誤の末になんとか成功しました。成功後も研究の日々でした。途中、暴走させるなどえらい目にもあいました。なので、せめて情報発信くらいはしようと思い立ち、こんなサイトを立ち上げてみました。あと…このサイトの制作と運営は、仕事の合間の気分転換でやっています。また、WEBサイト制作の勉強も兼ねており、このサイトで技術的な実験や検証をして元プログラムを作成、それを自分の会社のWEBサイトに反映させています。なので、たまにページが変に表示されますが気にしないでください。それは私が実験をしているだけです。すぐに直すように努めます。最初は専門の業者に頼んで作って貰おうと考えておりましたが…いろいろ調べているうちに、自分でもできそうな気がして実際にやって見ました。そしたら意外とハマってしまい今に至ります。

あんた誰や?

世界史など覚える事がたくさんある教科の勉強がイヤで何となく理系に進学してしまいました。とは言え、理系的なものにまったく興味がなかったわけでもありません。子供の頃から地質なんかに興味はあったのでそれ系統に進めば良かったんですが、就職の事を考えたら潰しがあまり効かなさそうだったので、何を思ったのか物理系の学科をまかり間違えて選択してしまいました。それでも入学前はワクテカでした。でも、そこで科学は凄くて絶対正しいと大言壮語を吐く教授陣と出会い激しく凹みます。そして、神や霊なぞ存在せぬわと神社の御守を足蹴にした院生の先輩が交通事故に遭って入院したのをきっかけに、こういった方面により強い関心を持つようになりました。信じてくれなくても結構ですが、程度の軽い霊感も元々ありました。結局、就職は金融機関※1と文系の人と変わらぬ道を進み、現在は退職して独立、自営業を営んでいます。年齢は言わない。もちろん、科学は絶対に正しいも一つの信念ですし、それを否定するつもりもありません。先輩の事故も偶然かもしれません。でもやっぱり、信じる信じない以前に、神社のものを足蹴にするとか、こういう事やっちゃダメだよね的なものはあると思うんですよ。純然たる良心の問題です。科学の申し子であろうとも超えちゃいけない一線はあると思います。昔、某対談番組で、某超能力者と科学者である某大学教授とのバトルが繰り広げられましたが…超能力者が神社の御守の中身を取り出し、信じてないならハサミでそれを切り刻むよう教授に求める場面※2がありましたが…もちろん教授は拒みます。これは科学者以前に人として当然な事で、教授の姿勢は矛盾しているとは思いません。

  • 1円だろうと計算ミスは絶対に許されませんので、おかげで人一倍の集中力は身につきました。この時の進路選択と経験が、後に人工精霊を始めようと思い立った遠因になったと言えます。でなけりゃ傲慢でガチガチの理系人間になっていたかもしれません。
  • 私は信じる側の立場ですが、この時のこの某超能力者の態度には共感しません。人間の良心に対する挑戦以外何者でもありません。

空飛ぶ日本蕎麦・妖怪教について

存外ハマってしまったWEB制作…こうかこうかとアレコレといじっているうちに、このサイトもここまで発展してしまいました。人工精霊は誰にも話しちゃいけないんだけど…やっぱり、他人の意見を乞う必要もあると思い、知り合いのWEB技術に詳しい方※1に「なんじゃこのサイトは!?」「病院に行った方がいいじゃないのか?」と言われつつ、フォントが小さくて読みづらいわ~HTMLタグの使い方間違ってる~CSSの設定がおかしいじゃないか~などと指摘を受けながら改良の日々です。あくまでも例外です。ところで、すでにお気づきの方もいるかと思いますが、コピーライト表示にある「空飛ぶ日本蕎麦・妖怪教」ですが…特に意味はありません。適当に付けました。ただ、個人的に香川県人のうどん感が許せません。なぜ彼らは一日三食うどんなのか?うどんで全国を征服するつもりなのか?調べてみたら「地を這ううどん怪物教※2」なる団体がある事に驚愕しました。それに対抗するため、日本そばをモチーフにした人工精霊でも作り出し、将来的にそういった団体を(気が向いたら)設立したいと考えております。普段の日常生活では、香川県人に「昼飯一緒にどうだい?」「良い店案内するよ」と誘い出し、とぼけた振りをして老舗の日本そば屋に連れて行くのが快感でたまりません。日本そばを啜る香川県人の微妙な表情を見るのは痛快です。まぁ、WEB技術の事でいろいろ教えてもらった礼として、私が奢る訳ですから悪質という程のものではないでしょう。あと、何かすでに引用されたりしているようですが、出展さえ明記して頂ければ引用は大歓迎です。ただ、画像は当サイトの著作物ではありません。フリー写真素材【写真AC】様となります。

  • あまり詳しく書けませんが、もともと本業がそっち方面の方(墓石関係)なので、人工精霊に対する理解は得られています。基本、人工精霊を実践している事は誰にも話してはいけません。
  • リンク張りたいんですけど…どこが元祖かわかりませんorz

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。