時間を大切にしよう。一日一善(´・ω・`)

タルパを人工精霊に変換する方法はないのか?

一般的な人工精霊とタルパは別物

ネット上を見てみると「人工精霊」=「タルパ」と認識されているものが多数散見されます。タルパも人工精霊の一種ではありますが、本来は「密教」で伝わる精霊の召喚技法で、依り代を使用せず、精霊体を自分自身の精神領域に憑依させるという独特のものになります。一度でもタルパを完成させてしまったら、作った精霊体とは一生をともにすることになります。やめたくなってもやめられません。やり直しも効きません。タルパを消去する「おまじない」のようなものがあるらしいですが…当方で調べた限り確証のある情報はありませんでした。そもそも、密教は秘密奥義の世界です。一般人が安全かつ容易に実践できるものとは思えません。一般的な人工精霊は依り代による安全手段が確保されたものを言います。肉体と物理的に完全分離しているので、精霊体が暴走して制御不能のなった場合は「依り代」を破壊したり破棄する事で危険を回避できます。しかし、タルパは創造主と一心同体の関係になります。何があろうとも肉体と分離できません。タルパの精霊体が暴走した場合、何も対処ができません。精霊体に自分の人格を乗っ取られる危険性すらあります。タルパは、厳しい修行や修練に励み、精神を強く鍛え、覚悟を決めた密教の僧侶が実践するものです。一般人がこの技法で人工精霊を実践することに意味はありませんし、依り代を用意せず、自分の精神世界の中だけで実践するメリットはまったくありません。それを知らず、興味本位で安易に実行してしまい、手におえない状態となり困っている人をオカルト系のまとめサイトなどでよく見かけます。繰り返しになりますが、依り代なしの人工精霊・タルパを実践するのはやめましょう。

タルパを普通の人工精霊に変換する方法

知らずにやってしまった場合の対処方法ですが…やってしまったものは仕方ありません。なんとか、タルパを普通の人工精霊に変えてみる努力をして見ましょう。もしかすると、人工精霊を別の依り代に移し替える時の方法が使えるかもしれません。何らかの事情により、精霊体を別の依り代に移動させたい場合(精霊さんの引っ越し)、現在、精霊体が宿っている依り代と、移し替えたい新しい依り代(精霊さんの転居先)を両手に持って、自分の体を介して移動させます。精霊体を新規で作る場合、一つの依り代となるパワーストーンに対して、可視化と会話自動化のプロセスを実施して精霊体を作り上げて行きますが、既存の精霊体を別の依り代に移し替えたい場合は、上に書きました通り、依り代となる二つのパワーストーンを両手に持って、新しい依り代に対して、既存の精霊体の可視化と会話自動化のプロセスを再実施して、依り代間の精霊体移動を試みます。新しい依り代から精霊体を浮かび上がらせる事ができたら引っ越し完了です。古い方は空ですので、そのまま破棄しても、再利用が可能なら再浄化して別の人工精霊の作成に使いまわしても構いません。前置きは長くなりましたが、要はパワーストーンを一つ買って来て、自分の精神領域に宿った精霊体に、手に持ったパワーストーンに乗り移って貰うようお願いしてみましょう。当然ではありますが、タルパの精霊体も、用意されたパワーストーンへ乗り移った直後に破壊、消滅させられるのを恐れ拒むでしょう。簡単にはいかないと思います。しかし、とにかく説得するしかありません。依り代は絶対に破壊しない。依り代を生涯にわたり大切に保持する等と説得してみましょう。

二進も三進も行かないなら覚悟を決める

軽い気持ちでタルパ(と知らずに)を実行したら、気持ち悪いくらいリアルな精霊体があっさりと完成してしまい、四六時中、自分に付き纏うので気が狂いそうだとかいう人がいます…タルパは本当に手におえない状態になるようです。人工精霊にように依り代へ戻るよう言い聞かせることもできませんので、24時間365日、基本的に創造主が死ぬまで一緒です。こればかりは、死んで見ないと分からないので何とも言えませんが、タルパとは創造主の精神領域(=魂)に憑依した一心同体の状態であるため、もしかすると、死んでもあの世まで追いすがって憑いて来るかもしれません※1どうしてもタルパを消せない、人工精霊への変換ができない場合は、もう開き直るしかありません。タルパは精神的に生み出した自分の子供みたいなようなものです。自分の分身みたいなものです。家族が一人できたものと割り切りましょう。最初は、興味本位の軽い気持ちで始めた事でしょうが、気持ち悪がらず存在を認めてあげましょう。作ったタルパに対して、拒絶したい気持ちを強く持てば持つほど、タルパも創造主に対して反抗したい気持ちを徐々に持ち始めます。自分という存在を認めてくれない。自分を活用してくれない。創造主のために働きたいのに自分の事を嫌っている。構って欲しいみたいな感じでツンデレ化、さらに、タルパとの関係が悪くなると…ああ、もうこんな創造主から離れたい。でも、離れられない…ええい!!ならば、乗っ取ってしまえ!!そんな風に、自分を作った人間に対して困らせるようなことを次から次へとやらかすようになるものだと思います。人工精霊の開運メソッドはそのままタルパにも使えます。どうぞタルパと共に永遠にお幸せに!!

  • もしかすると、来世まで何らかの形で影響を及ぼすかもしれません。逆に、今世で召喚した精霊体は前世から何らかの影響がある可能性も考えられます。

最強の敵は自分の中にいた!?

もう前向きに考えましょう。弱点克服・人間的成長の機会を与えてくれる救世主が降臨したものと思いましょう。タルパは意識レベルで100%自分の魂と直結していますので、一般的な人工精霊よりも開運的な効果は高いと思います。目的を与えれば術者に喜んで付き従うように変わり、生涯を通じたかけがえのない大切な存在となるに違いありません。タルパも自分が産み出された理由に納得すれば、力の限り術者を全力で守り、正しい方向に運命を導いてくれます。これは当サイトで唱える人工精霊の召喚術の考え方と同じです。なので、自分の中の最強の敵は、興味本位でホイホイと作ってしまったタルパの事ではなく、最初から自分に中にあった心の弱さや問題です。作ってしまったものは仕方がありませんし、消せないものは消せませんので、肯定してすべてを受け入れてしまうのも一つのやり方かもしれません。押してダメなら引いて見ようです。ぶっちゃけ、タルパ挑戦者の多くは、二次嫁が欲しい等と言った非現実的な妄想の具現化、寂しさを紛らわすのが目的だったと思います。興味本位で実行してしまい、かつ、人工精霊やタルパの召喚に適したスピリチュアル体質だった条件も重なり、意外とあっさい完成してしまい、いざ、完成したところ「タルパの消し方がわかりません」と困っているんだと思います。まぁ、これも運命それも運命…そういう事で、まずはタルパに「今日からお前はオレの守護霊だ!!」と宣言してみましょう。タルパを拒否し続ければ事態がより悪化するだけです。だったら、肯定してタルパに働いてもらいましょう。きっと、人間に対する嫌がらせも止める事でしょう。大切にしていれば※1背中に憑いて守ってくれます。

  • タルパとの信頼関係が構築できたら、普通の人工精霊への変換が簡単に行えるようになるかもしれません。でも、そこまでタルパと深い信頼の絆で結ばれるまでに至ったら、もはや「依り代」なんか不要と悟っているまで、術者自身の魂は大きな進歩を遂げているかもしれません。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。