神の法理を超越すれば、カボチャなんて力を入れなくても簡単に切れるようになります(´・ω・`)

サマータイムなんかよりシエスタの方を望むわ

突然、振って湧いて出て来たサマータイム(夏時間)の話…かつてない猛暑の影響を懸念してなのか、東京オリンピックが開催される2020年まで導入することが前向きに検討されています。具体的には、気温がもっとも上昇する6~8月までの間は、時計を2時間早めて朝の涼しい時間帯を活用しましょうと言うものです。連日の報道から、雰囲気的にわりと本当に導入されてしまいそうな感じです。されてしまいそうな…そう、個人的に後ろ向きになるのは、なんだか体のリズムが狂いそうで嫌だからです。それよりも、南欧諸国などの習慣として知られているシエスタ(午睡、要はお昼寝タイム)の方が魅力的です。気温がもっとも上昇する昼間の数時間、仕事なんかしないで昼寝をしましょうというものです。もっとわかりやすく説明すると長い昼休み。国によって微妙に違うらしいが、一般的には午後1時から3、4時くらいまでの間に取るらしい。そもそも、サマータイムは日照時間の短い北欧諸国などが、明るい日中の時間帯を有効活用する目的で導入されたものです。また、多くは時計を1時間進める程度です。なので、今回提唱されている2時間と言う時間差は、いろいろな意味において大き過ぎるリスクと言えます。恐らくですが…夏時間移行時には、2時間逆方向に遅める勘違い野郎と天然さんが出現するのは想像に難くありません。IT業界では早くもシステム上のリスクが指摘されていますが、技術的には重大視するほどの問題ではありません。それよりも、IT業界は奇人変人な人々の集まりですので、夏時間と冬時間の切替時、素で2時間逆方向に遅らせたり進めたりして、ドヤ顔で作業終了を報告にやって来る変態SEなんかの登場がとても強く懸念されます。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。