トイレに入る際は熱中症に十分注意しましょう

夏場の自宅トイレは本当に危険な場所です。空気の流れが悪い閉所ですから、汗も乾きづらく体温調節がまったく効きません。油断すると数分でたちまち体温が上昇、気がついたら意識を失いそのまま…なんてのは決して大袈裟ではありません。だいぶ前の話ですが、私の実家近所でも、トイレ内で座って用を足していたら熱中症にかかり亡くなった人がいます。同居していた家族が異変に気づき119番通報したものの手遅れでした。トイレに入る前は元気いっぱいのすこぶる健康な方だったにも関わらずです。たとえ〇〇〇をしている状態であっても、少しでも体の具合が変だと感じたら、迷わず目の前のドアを解放すべきです。わずか数十秒の判断の遅れが命取りになる可能性すらあるのです。新鮮な空気をトイレ内に取り込むだけでも違います。命に関わる問題ですので、恥ずかしいなんて言っている場合ではありません。本日、中で用を足していた妹が一時間経過してもトイレからまったく出てきませんでした。つーか、我が家には一階と二階にトイレがあるんですが、ウォシュレット機能の付いた方は一階しかありません。要は私は大をしたかったんです。何、いつまでもウォシュレットを独り占めして快適なトイレライフを延々と謳歌してやがるんだ!!と憤りました。でも…このクソ暑い中、トイレの中に一時間籠っているなんて普通じゃありません。トイレの前にいた精霊体が心配そうな表情をしていたため、精霊の警告を信じてドアを全力解放しました。最初にノックをすべきでした…トイレットペーパーが飛んで来ました。小型扇風機を中に持ち込んで、音楽を聴きながら普通に座っていました。曰く、かき氷とアイスを食べ過ぎてお腹の調子が悪かっただけとのこと。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。