ガッツ石松、ご注意ください!!ピ~♪ピ~♪

ボクシングは空気を使った練習方法を多用する競技として大変よく知られています。いわゆる「シャドーボクシング」というヤツです。その様子はあたかも、己の技を極めんと、修練のために召喚したタルパを相手に、日夜練習に励んでいるようにすら見えます。いえ、本当に見えているのかも知れません。ボクシングは人工精霊・タルパにもっとも近い競技種目と言えるでしょう。よく、ドラマやアニメなどで描かれるような…来るべき試合に向けた減量シーンは、まるで精霊体を暴走させて四苦八苦する術者の姿そのものです。針金でグルグル巻きにした蛇口を前にうなだれる力石徹は…まさに幻覚と幻聴との戦いでした。これは幻聴ではなく空耳だと思いますが…トラックがバックする際に流れる自動音声がガッツ石松に聞こえてしまうのは…日本人なら普通の聴感覚なんだろうか。それはさておき、目下のところ話題の日本ボクシング連盟会長の〇根氏…この人のせいで、むしょうにカンロ飴を欲したくなったのは…なんだか許せない。カンロ飴は適度に塩分も含まれているので熱中症予防には良いでしょう。一部では風評被害とも指摘がありますが、ネット上ではこの人の影響でカンロ飴がプチブレイクしているようです。スタジオ内で味の素を連呼しながら暴れたやしきたかじんの時のように、カンロ株式会社はカンロ飴1000袋でも、このおじさんに送付するんでしょうか。それにしても、空気の経歴は頂けません。これだけ重責を担う役職に就く人物でありながら、過去があいまいなのは頂けません。ボクシング経験自体あるとかないとか…日本エアボクシング協会でも発足して、そちらの会長に就任すると良いでしょう。エアギターに続く新ジャンルの爆誕です。応援します。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。