自社製品・サービスに言霊の力を封印する企業

更新日 2018/04/12

言霊の力で成功した企業

自分の発した言葉や文章には、それ相応のものが引き寄せられます。何気なく口にした言葉にも霊力が宿り、その言葉通りの結果や状況が具現化します。それが言霊の力です。意識的にしろ無意識にしろ、多くの企業はこの言霊の力を借りて経済活動に励んでいます。別投稿「除霊効果のある言霊の法則性と具体的な作り方」で説明しました通り、現世の人々の心をつかむ意志を込めたCMのキャッチコピーは、絶大な力を秘めた言霊となります。セブンイレブンの「セブン♪イレブン♪いい気分♪」は、私達の暮らしに大きな影響を与え、使用した企業にもっとも成功をもたらしたキャッチコピーと言われています。現在も破竹の勢いで出店を続け…未開拓県が残り3~4県だった思います。全国制覇も遠い先の事ではないでしょう。実は、私も学生時代にここで数年間バイトしていました。消費期限の切れた残り物がたくさん貰え、食費がかなり浮いて助かりました。また、社会人としての素養や、商売のノウハウを学ぶ事ができたのですから大変感謝しています。なので、セブンイレブンを作った鈴木敏文氏(イトーヨーカ堂の元社長さん)は、私がもっとも尊敬する日本の経営者の一人です。尊敬する経営者ですが…上司にだけは絶対に避けたい人物ですね。それはさておき、仕事中、セブン♪イレブン♪いい気分♪がBGMの合間に時折流れていたため、耳にこびりついて頭から離れられずにわりと困った時期もありました。これは本当に霊力の強い言霊でした。夏休み期間中はフルタイムで入っていましたので、ちょっと疲れている日なんか、それを一日中聞かされるとなると少し苦痛に感じた事もありました。まぁ、なんとか慣れましたが…

100万回のありがとう

しかし、世には限度と言うものを知ら…いえ、言霊をフルパワーで自社商品に封印する企業があるのですから驚きです。たまごボーロでお馴染みの名古屋の製菓メーカー※1では、製造ラインから出荷待機場に至るあちらこちらにスピーカーが取り付けられ、そこから園児50人の「ありがとう」の音声が2秒間隔で延々と流されていると言うのです。たしかに…この「ありがとう」は言霊の中でも最上位に位置する最強の言葉です。また、風水的にも幼稚園や保育園は良い気や念で充満しており、実はこういった施設が近隣にあるだけで自宅の運気アップが叶う強力な存在です。園児の声自体がもう最強の悪霊退散・除霊効果のあるものなのです。2秒間隔ですから、単純計算で50人分の園児×30回発声で1分間に1500回、1時間で9万回、10時間で90万回となりますので、24時間操業稼働の工場だと仮定したら100万回どころか優に200万回以上に及びます。これが事実とすれば、たまごボーロは最強の悪霊退散・除霊の食品と言う事になります。ただ…何分、たまごボーロは小さな子供が食べるものと言ったイメージがあるため、私自身、実はコレをもう何十年も口にしておりません。大人が食べても良いものなのか?でも、その霊力…いえ!!もうこれは法力に近いものでしょう。是が非でも確認しない訳にはいきません。今度、買って食べて見ようと思います。しかし、心配な点がひとつあります。どんなに良いものであっても度が過ぎれば逆効果です。工場で作業される方は、強い言霊の力を過剰に受け続ける事になりますので、霊的に中和して精神的なバランスを取る必要があります。終業時には空に向かってバカヤロ~!!と大きな声で叫んだ方が良いでしょう。

  • 現在、たまごボーロを製造・販売する会社は複数あるようですが、本稿で紹介したボーロは、名古屋の竹田製菓株式会社の製品になります。購入時は注意が必要ですね。

言霊の力で凹んだ企業・業種

逆に、言霊の力で超絶的に凹んでいる企業・業種もあります。運送業です。特に、黒いニャンコちゃんのトレードマークでお馴染みのアノ宅配便なんか、荷物を配達しながら超絶的に悪い気と念も各家庭にお届けしています。現場で頑張るドライバーの方には本当に申し訳ありませんが、今現状における宅配便・物流システムは百鬼夜行の霊道と化しています。配達中に、荷物や台車を路上に叩きつけ癇癪を起す、独身女性宅を物色して退勤後に襲撃をかます、配達先の建物にトラックで特攻して正面入口を破壊するなど、おおよそ、他業種では考えられない事件も多発しています。余計なお世話ですが、各社宅配便のドライバーの方は、勤務中は御守を肌身離さず身に付けて持ち歩きましょう。やはり【送料無料】と称したネット通販業界の商習慣が大きい影響を与えています。また、昨今では改善が進んでいると聞きますが、いわゆる【サービス残業】の問題もあります。これらは、働いているのにお金が稼げない事を意味する言葉ですから、霊的に歪な状態を招く最悪な言霊です。そして、なんと言いましても同業界特有のパワハラ体質は目を覆いたくなる程の惨状です。私も学生時代、ベースと呼ばれる物流基地で、短期のバイトを経験した事がありますので確信をもって言えます。現場責任者のおじさんは事ある毎にバカヤロ~!!と叫んでいました。別に誰がミスをした訳でもないのに「ファイト~!!一発!!」の感覚で、コンテナや集荷台車に向かって「バカヤロ~!!」と毎回ドツいて牽引(超重い)をしていたのですから…バイト仲間の離脱者(バックレ)が次々出る中、後学の霊的サンプルとして、この頭のおかしな人を観察しながら仕事を続ける事にしました。