ニュートンはタルパーだったかもしれない!?

(´・ω・`)

既成概念をぶっ壊す!!どうも、渡です。

記事を読んでくれる人が、朝なのか昼なのか夜なのか…そのタイミングが分からんので、冒頭ではいつも「おはこんばんちわ」と叫び、話を切り出していた。

しかし、どうも子供っぽい感じも否めんかったので、新しいキャッチフレーズを考えた。

うむ、スワヒリ語のJamboの感覚で受け入れていたが…

より多くの人に共感…してもらえる訳はないが、そろそろ新しいキャッチフレーズに変えても良いだろう。人工精霊やタルパは、固定概念の枠組みから魂を解き放つ必要がある。

見えんものを見えるようにしようと言っているのだ。既存の常識を超越する必要がある。

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

うむ、我々の目に見える世界は…

一般常識とは違う角度から見ると、まったく別の新しい世界に見えるのだ。それを理解しようともせずにスピリチュアルなものに関心を寄せても何も変わらんぞ。

また、やり方はいろいろある。ひとつのやり方にこだわり続ける必要もない。

うむ、人工精霊やタルパに限った話ではないな。

革新的な発明や発見をした偉い人も、いっぺん非常識な人になって見ただけだ。実際、学校の教科書に登場して来るような偉人には変態や奇人変人も多い。

モーツァルトなんか変態だぞ。どういう思考回路で作曲していたのか謎だ。

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

うむ、詳しく知りたい方は映画「アマデウス」を見るといい。

実際、あんな感じの人だったらしい。万有引力の法則を発見した事で知られるニュートンも、かなりクセの強い性格の持ち主だったらしい。このため、彼を嫌う人がとても多かった。

空気学生を相手にした講義も、単に学生から嫌われていただけと思われる。

ああ、授業内容があまりにも難解過ぎるので…

誰もその内容について行けず、最終的に彼の講義に誰も出席しなくなった逸話か。それでも空気を相手に一人黙々と講義を続けたらしいな。もしかすると…

アイザック・ニュートンは物理学者であると同時にタルパーだったかもしれんぞ。

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

うむ、自分にとって都合良く感じる理想の学生たちを召喚して…

無人の教室の席に座らせていたのかもしれない。きっと、立ち見も出るくらい教室は空気学生で満員だったのかもしれない。何にせよニュートンの心の闇は深い。

私も学生時代は物理を専攻したが…物理よりも物理をやる人の心理に興味を覚えたわ。

うむ、歴史上の人物で…

意外と人工精霊術者・タルパーだった人は多いかもしれん。芸術家や科学者なんかに多そうだな…おい、哲也。今度、まとまった時間ができたら調査しよう。

きっと、意外な人物が浮上するかもしれんぞ。なんか面白そうだ。

(・-・。)
B子
(´・ω・`)

うむ、きっと価値ある研究になると思う。それにしてもだ…

某wikiの住人は恐ろしいな。作った精霊体を虐待して実験したり、ヘイトスピーチをする考察派のタルパーがいるようだ。病気で苦しむ子を叩くのは人としてどうかね。

私は自分が批判されるのは一向に構わんが、他のタルパーが批判されているのは見るに堪えん。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。