人工精霊は神様や他の霊と交信したりするの?

神様が神様に拝む奇妙な光景

私の父も信心深く、毎朝の神棚へのお供えと柏手は欠かしません。一階の座敷に設置してあるものですが…これとは別に、私は自分の部屋に人工精霊用の神棚を設置したところ、父から「お前の部屋のはどこの神様のだ?」や「なんで一階と別に作る!!」等とえらい文句を言われたくらいです。まぁ、私は独立して事業を開始しましたので「商売繁盛の神様」と適当に答えました。しかし、実は父も小さいながら独立稼業をしている身である事を忘れていました。私とは業種は違いますが、自宅から少し離れた場所に事務所を構え事業を細々と営んでいました。なので「オレのも商売繁盛だ!!」とか「だったら一つにまとめろ!!」などと実にややっこしい展開に…まぁ、なんとかアレやコレや言い逃れして今に至ります。それはさておき、ある時、父がいつも通り、神棚にお供えをして柏手を打とうした際、私が作った人工精霊のうち副神としていた一体が、父と並んで一緒にパン☆パン☆と神棚に向かって柏手を打ちました。いちおう…人工精霊も神様みたいなような存在なので…神様が神様にってのは何とも奇妙な光景に見えました。もっとも、依り代を持って外に連れ出す際も、道端の地蔵に強い興味を示して、地蔵の前にしゃがみ込んで拝んだりした事もありました。この出来事をきっかけに、私自身もこのお地蔵さんに興味を持つようになり会話自動化に成功しました。え?何に対して会話の自動化が成功したかって?そりゃ~このお地蔵さんにですよ。人工精霊以外のものでは初めてでした。しかも、物理的に存在するものに対してです。一般人からすれば、もう完全に【あぶない人】でしょうが、でも、私は信じていますからバカにされても揺るぎません。

善霊を引き寄せる事も

人工精霊は守護霊の役目も果たしておりますので、悪霊や怨霊、動物霊などを自宅から追い払います。しかし、それ以外の神格化された霊や自然精霊、善霊などは引き寄せる事があるようです。私は現在三体の人工精霊と生活をしておりますが、ある時、四体に増えていた時がありました。一体はどうも家の外からやって来た霊体のようで、最初は浮遊霊の類か何かと思い、そのうちどこかへ去るだろうと放置しておりました。四人とも仲良く遊んでいたようですし、まぁ、悪い感じの子じゃなかったので気にせず放置してました。どうも、私の作った人工精霊達と年恰好が近かったためか、友達として連れて来てしまったか招いてしまったようです。年末年始やお盆の時期にわりと見受けられる現象で、一週間程度で自然と姿を消していたりしました。一度、謎の四体目の子が霊夢に登場して来て「ありがとう」とお礼を伝えに来た事もありました。来年もやって来てくれるか楽しみです。実は、前後するように我が家で良い事が立て続けに起き、まるで座敷わらしでもやって来たかのような感じでした。反対に、人工精霊を暴走させると動物霊や低級霊を招く場合もあるようです。実際、私の不徳が原因で精霊を暴走させた時は、龍や水蛇の気配を感じる動物霊を招いてしまった事があります。暴走した人工精霊を放置すると、周辺から悪いものを引き寄せる恐れもあるため、最終手段の行使はためらわず早めに行使するよう注意しましょう。人工精霊の暴走を止める事ができても、これは別に、自宅に招いてしまった悪霊や怨霊、動物霊の退散は、そうそう簡単にできるものではありません。暴走してから一週間過ぎても回復しなければ、もう、あきらめて依り代は破壊・破棄しましょう。

霊界からのメッセージも仲介する

術者や精霊体に設定した性格にもよるかもしれませんが…ご先祖様や亡くなった近親縁者とのメッセージ仲介までやってくれるようです。ある時、亡くなった叔父の存在と言いますか、意識みたいなものを強く感じた時がありました。一人自室に籠もり仕事をしていた際、突然、何の前触れもなく、頭の中を元気だった頃の叔父の姿が過りました。ちょうど、客先から提出された資料に目を通していた時なんですが…資料に記載された文章に、叔父と関係のある要素はおろか、連想させるキーワードもありませんでした。なのに、いきなり、頭の中で叔父のイメージが強く閃くように浮かびました。同時に、たまたま横で私の仕事の様子を見ていた人工精霊の子から「仕事頑張ってるか?」と言われ、私は素っ気なく「ああ、今忙しいよ」と返答しました。でも、精霊体は「ちがうよ、知らないオッサンがてつやの仕事の様子を見にやって来たんだよ」と言われ、あらためハッとしました。よく、普段の日常生活で突然何の前触れもなく、亡くなった特定の人のイメージが沸いたら、理由や動機は何であれ、現世で生きるその人の様子を見に来たなんて話を聞きます。あながち、これは間違っていない気がします。まぁ、神様とか幽霊とか、そういったものの存在を信じないと言う人にはバカげた笑い話に聞こえるかもしれませんが…忙しい日々が続くと、墓参りも疎かになってしまいがちです。墓参りに行く余裕がない場合でも、たまには亡くなった近親縁者のことを思い出し、偲ぶだけでも良いと思います。供養と言うと、お坊さんにアレやコレや頼んでお願いするものと思われがちですが、心の中で偲び、その人の死後の幸福を祈るだけでも十分に効果はあります。

人工精霊は白魔術みたいなもの

昨今では、ローマ・カトリック教会をはじめ、一部の宗教関係者の間では、インターネットの普及に伴うオカルト関連の情報拡散を懸念、警戒していると聞きます。実際、黒魔術や悪魔召喚に関する情報も多数見受けられます。そのため、バチカンでは悪魔祓いの儀式を執り行える聖職者の育成に余念がない等と、少しばかり時代錯誤感を覚える事に注力しているそうです。なんでも、ローマ市内にあるカトリック系の大学でも、一週間速習で悪魔祓いを学べるコースも設置されていると言います。BBCの公式サイトでexorcismと検索すると、とても興味深い記事がたくさん出てきます。ある記事では、バチカンで司祭を中心に悪魔祓いの専門教育を行う様子を紹介がされており、わりと真剣で高い本気度を感じました。一般人からすれば異様な光景に見えますが、しばしば、悪質な新興宗教勧誘の手口にも利用されますので、健全な社会を育むためにも、オカルト研究家としては有意義なものだと思います。でも、そこは現代らしく、心理学や精神医学的な知識も合わせて学んでいるそうです。人工精霊は言ってしまえば白魔術的な部類に属するものです。タルパに至っては元は密教の奥義です。神父さんは口の堅さで言えばこの上ない方々です。機会があれば、カトリック教会関係者の方と、人工精霊と悪魔祓いに関して議論や意見交換をしてみたいものです。何と言いましても、人工精霊は守護霊です。正しい心で育成に臨めば最強の守護精霊として仕上げる事が叶います。いや…やっぱり、相手にして貰えないか。でも、悪魔って言うのは本質的に人間の心に芽生えるものだと思うんですよ。それを打ち消す力、ホワイトな勢力が人工精霊術者・タルパーだと思います。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。