人工精霊の性別と年齢はどんな感じにするの?

    G+  B!  LINE

人工精霊の性別

人工精霊の種類にはいろいろありますが、人間型にしろ動物型にしろ、当然ではありますが、精霊体をデザインする際の必要となる設定項目として「性別」もあります。性別というと「男性」と「女性」に二つに分かれるものとイメージしがちですが、人工精霊の作成においては「中性」や「両性」もありです。機械型であれば「無性」でしょう。好きな性別を選んで作ると良いでしょう。世間の固定概念に縛られる必要はありません。別にやましい意図はありませんが、自分の中の価値観を広げる意味でも、異性や中性などの自分と違う性別のタイプの人工精霊を作ると良いでしょう。物事に対する見方や考え方は、男性女性それぞれ特有の傾向があります。念のため書き添えておきますが、男女差別をするつもりはありません。しかし、性別によって差異があるのは自然な事ですし、それぞれにある長所やメリットを、人工精霊の作成で活用しようと言うものです。ただ、性別に対する意識や考え方は個人の自由です。自分にとって最適だと思う方法を自由にやって構わないと思います。以降、余談ですが、よく、ネット上で、おのれの妄想力を駆使して二次嫁(アニメのお気に入り女性キャラクター)※1を人工精霊として再現するみたいな試みをする方が若干いるようですが…人工精霊は能力開発・開運を目的としたものです。欲望や妄想で人工精霊を作ろうとしても上手く行かないと思います。視覚化プロセスで邪念や雑念が入りまくる事は想像に難くないです。空想の世界に入り浸ることが目的の人工精霊の実践はとても危険です。現実逃避の気持ちが増長して社会生活に支障をきたす恐れがあります。人生で必要なものは二次嫁でしょうか?今一度、実行する前に再考してください。

  • 現実と空想をきちんと分けて、精神的な自己管理のできる人なら問題ありません。イマジナリーフレンド的な存在を否定するつもりはありません。

人工精霊の年齢

精霊体の「年齢」ですが、性別と同様、作ろうとする人の好き好きで構いません。行動力を欲し背中を押してくれるタイプの人工精霊を望むなら年下、アドバイスや相談に応じてくれるタイプの人工精霊を望むなら同年代か年上だと思います。ただ、年上の精霊体のみと一緒に長く過ごしていると、考え方が保守的になり、行動力も慎重になりがちになります。社会で成功した方ならともかく、これから夢の実現に向けて未来に向かって歩む30代前半くらいまでの若い方は、運気アップを優先させる観点から年下を選ぶのがベストでしょう。では、具体的にどのくらいの年齢を設定すれば良いのかと言いますと、座敷わらしより少し高めの年齢から18歳くらいまでがベストです。やはり、現実同様、その年代は夢と希望でいっぱいの時期です。創造主の運気アップには最適な年齢だと思います。人工精霊の年齢は、現実時間と同様に進めても構いませんし、永遠に固定のままでも構いません。この設定項目も作る人の好き好きです。このサイトの制作者の場合、年齢は固定状態にしています。30代後半以降の方の場合、仕事運や社会運の安定化は必要不可欠となります。参謀役タイプや女房役タイプの精霊体を持つのが望ましいので、ある程度の年齢をした精霊体を作ると良いでしょう。ただし、上に書きました通り、あまりにも年上過ぎたり、年上の精霊体のみだけだと行動力が鈍りがちになりますので、年下の精霊体もあわせて作っておくと良いでしょう。作る人のサジ加減と言いますかバランス感覚がポイントになって来ます。人生経験の浅い若い方だと少し感覚的に難しいかもしれませんが、歴史上の人物やそれにまつわる出来事などを参考にすると良いでしょう。

人工精霊の寿命

人工精霊の「寿命」ですが…依り代の管理を放置せず、術者がきちんと精霊体の育成を続けていれば、その命は永遠だと思います。永遠と言いましても、創造主である術者自身の命が尽きれば、人工精霊の命もそれまでと考えています。このサイトで考える人工精霊の役目は術者の守護ですから、守るべき対象がいなくなれば消失も必然です。術者によっては、自分が死んだら一緒にあの世へと思うかもしれません。どうしてもそうしたいなら、今の人工精霊をタルパにでも変える以外方法はないと思います。タルパは術者の魂と一心同体の状態です。意識しようがしまいが(タルパの)精霊体は勝手に術者から霊力をもらって自分自身の霊体を維持しています。なので、術者が望むと望まざるとに関わらず、タルパは死後の世界まで憑き従って来るものと思われます。まぁ、人工精霊にしろタルパにしろ、ぶっちゃけ、死んで見なければわかりません。術者の死後の精霊体の事については、あくまでも私の仮説に過ぎません。人工精霊やタルパは直感重視の世界です。自分好みのデザインと性格設定をしたつもりでも、無意識のうちに微妙に変わっていたり、予期していなかった設定が勝手に自動化され出現していたなんて事があるとかと思います。もしかすると、今現在、召喚して維持管理している精霊体は、術者の前世と何らかの関係のあった者が姿を変えて目の前にいるのかもしれません。予期していなかった設定内容は前世からの記憶か因果か何かで、無意識領域から浮き出た未知なる自分の一部なのかもしれません。とりあえず、死んで見ればわかると思います。でも、慌てて死ぬ必要はありません。その時までの楽しみとしてとっておき、今は楽しく生きて行きましょう。

術者自身の寿命

ちなみに、人工精霊の創造主たる術者自身の寿命ですが…別に確たる根拠はありませんが、極端に長くなるか、短くなるかのどちらか一方だと思われます。人工精霊は強力な開運メソッドであるのみならず、術者自身が自分の心と向き合い精神的な安らぎを求めるものでもあります。僧侶や牧師をはじめ、宗教関係者は平均寿命が長い傾向にあると言われています。やはり、健全な精神状態は究極の健康状態を手に入れることが叶うのかもしれません。また、常に心の状態に余裕があるため、周囲のちょっとした状態の変化にも気づきやすくなるので、交通事故などに遭遇する危険性が一般人よりも極端に低くなるものと推察されます。結果として生存確率が上昇すると言えるでしょう。少なくとも、心の状態が穏やかで余裕があると血圧が安定します。血液は、酸素や栄養素を人間の体の隅々まで送り届け、老廃物を肝臓や腎臓などへ運ぶことのみならず、同時に、気や念の運搬も行っております。気や念も血液と同様に、急激に上昇したり下降すると不安定化しますので健康運が悪くなります。健康運が悪いと対人運も悪くなりますので、これまた結果的に金運やら恋愛運なども連鎖的に悪化します。別に、出家を推奨している訳ではありません。しかし、瞑想をするなどして心を穏やか状態に保ち、規則正しい生活をすることで自律神経を安定にするだけでも違うと思います。対して、人工精霊を上手く使いこなすことができなった場合、注意事項でも書いてあります通り、精神が不安定化して、結果として健康が大きく損ないますので、悪い方向に作用させてしまったら必然的に術者の寿命も極端に短いものになるのは言うまでもありません。

要は最後の瞬間に笑っていればいいのだ(´・ω・`)

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。