心に問題のある人は絶対に作っちゃダメなの?

基本はダメです

過去に対するわだかまり、現状に対する苛立ち、未来に対する失望感…心に闇や問題を抱えたまま人工精霊を実行すると、必ずそれ以上の問題が発生します。最悪は統合失調症による精神崩壊です。そこまでに至らないまでも、何らかの人格障害や性格異常を発症して、現実の社会生活を送る上で支障となる事態を招きかねません。少なくとも、ネガティブでマイナス思考な方はやめましょう。この姿勢が改善できない限り、もう人工精霊は絶対にやめてください。失敗した場合の悪影響が半端ないものとなります。凹んでどうしようもなく心が苦しい、落ち着かない等、精神的に何らかの問題を抱えているなら、必要なものは人工精霊ではなく、現実的な対応をしてくれる専門機関や専門家です。また、お寺や教会は万人を受け入れてくれます。どうぞ、気軽にお坊さんや牧師さんに相談して下さい。精神世界に逃げ込む目的で人工精霊をやってはいけません。人工精霊に向いている人は、好奇心が旺盛で、人並みはずれた集中力…と言うよりは、妄想力のある奇人変人です。そして、思い込んだら即効で行動しちゃうフットワークの軽いバカです。そりゃ~もう、世界に散らばる七つのドラゴンボールをきっちり耳をそろえて集めますってくらいの強い意気込みのある方です。手に入れると何でも願い事が叶うと言われる聖杯をめぐり、魔術師同士が使い魔を召喚して戦うFate/stay nightと言うアニメがありますが…登場人物たちを見ればわかりますが、聖杯を手に入れるためなら何だってする、良くも悪くも超絶的にポジティブ思考で前向きな方々ばかりです。あそこまで貪欲にならないまでも、人工精霊の術者にも、あのくらい前向きな思考と姿勢が求められます。

運命を変えたいと望むならやれば良い

とにかく明るく楽しく前向きにです。個人的には、聖杯戦争と言うよりはキャノンボールに出場して優勝を目指すくらいの意気込みは必要だと思います。もう私の年代バレバレになりそうな感じですが、あのくらい奇想天外で勢いのある姿勢と、固定概念をぶっ壊す気概、旺盛な好奇心の持ち主でないと人工精霊なんてやってられません。なので、自分の心の弱さを緩和する目的で人工精霊なんかやるもんじゃありません。事態がより悪い方向へ向かうだけです。しかし…自分の心の弱さを直視して、それを克服しようと言うのであれば話は別です。そのための精神的なアシスタントとして人工精霊を作れば良いと思います。自己責任であるのは言うまでもありませんが、過去と決別して、現状を変え、未来に希望を持てる自分になりたいと強く願っているのなら、どうぞ迷わず人工精霊をやれば良いと思います。人工精霊の作り方編でも述べました通り、精霊体の性格設計・デザインの際は、自分の欠点を補い、長所を伸ばす感じの設定にすれば良いと思います。ぶっちゃけ、この世に完璧な人間なんていやしません。誰しも大なり小なり欠点や短所はあるものです。心に何らかの闇や問題が少しくらいあっても、それを改善・解消する目的で人工精霊を実行するなら問題はないと思います。ただ…あまりにも闇が大き過ぎたり、問題が多過ぎると言うのであれば、まずは、それらの問題を解消してからにしましょう。まぁ、そこら辺のサジ加減はご自身の判断で決めて下さい。その目安として、人工精霊の性格設計・デザインの時だと思い。これは自分と向き合い、自分で自分を分析する作業でもあります。この段階であまりにも辛くなるようであれば人工精霊はやめましょう。

それでも人工精霊が欲しい?

人工精霊は自分を作ってくれた創造主を常に見ています。正確には、創造主である人間の心の状態を見ていると言った方が良いかもしれません。人工精霊は言うなれば人工感性体・人工感情ですので、まずは創造主の心の状態から感性を学ぼうとします。故に、人工精霊が安定化して順調に育つか、不安定化して暴走しやすい危険なものになるかは、人工精霊を作ろうとする者の心がけ次第・心の状態次第となります。人工精霊の召喚術を実践する前に、実践者本人の心の闇や問題の解消を必須条件としているのはこれが理由です。でないと、希望とするものとは程遠いトンデモないものが出来上がります。希望や理想なんて霊的視点から見れば、ただの建前やお題目に過ぎません。本性や真実などと言った闇の部分は、現実世界では本音と言う事にして隠し通す事はできますが、精神世界は自己完結な世界ですので隠し通す事ができません。自分で自分を騙すのは至難の業です。まぁ、自分で自分の頭を鈍器のような物で強く殴打するなり、コンクリートの壁に激しく打ち突けるなりして記憶喪失にでもなれば、すべての心の問題は解決する事ができるのでしょうが…その前に本当に〇んでしまう恐れもあるため、これは現実的な方法ではありません。また、何かの催眠術のようなもので自己暗示をかける方法もありますが、当方は催眠に関して不得手ですので、この線での助言はできません。やっぱり、怨恨や嫉妬、怠惰、強欲、不安と言ったネガティブな思考を切り捨てられるように己の魂の修練をする方が確実です。それは遠く険しく苦しい精神世界への第一歩となる事でしょう。人工精霊をはじめる前に、お寺や教会などで、魂の修正を試みる方が確かなやり方だと思います。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。