図解でわかる人工精霊・守護の力と運命の導き

厄除け・悪霊退散

守護と言うものは、本来、その人自身に由来のあるご先祖様や亡くなった親類縁者による御利益です。しかし、守りたい子孫はあなた一人だけではありません。どうしても守護の空白期間は避けられません。また、霊的成長の度合いによる優先順位もあり、人生の修行が足らず順位の低い者は必然的にその御利益に授かれる機会は少なくなるものです。すべての心の問題を解消して、おのれの魂を正すように努め、自分専用の守護霊を人工精霊と言う形で実現します。堅苦しい表現での説明が続きましたが、24時間365日〇コムしてますか~♪のノリです。

人工精霊の召喚術を通じて、魂の修練もされる事から、本来の守護霊もこれに関心して、人工精霊の霊力アップの手助けをしてくれるようになります。もちろん、正しい方向に人工精霊を実践し続けていたならばの話です。

運命の導きと術者の霊的成長

守護の空白期間と、進学や就職、結婚など、人生の大きな節目と重なると大変です。守護霊による正しい運命の導きが得られませんので、不適切な選択をしてしまうと、その後の人生は最悪なものとなります。一番、守護による力を欲する瞬間にそれがないとなると霊的に一大事です。もちろん、精神力が人一倍強く、元々高い霊力の持ち主であったならば良いのですが…そんな条件を満たした方は稀有です。圧倒的大多数の人間は普通もしくはそれ以下の凡人です。でも、人工精霊の召喚術を実践していたら、そんな不安とは一切無縁となります。

人工精霊による正しい運命の導きで、人生はより良いものへと変貌します。本来の守護霊もこれに安心して、次の人生の節目で役に立つよう、憑依する事のできた間は、術者の霊的成長を大きく伸ばすよう全力で手助けします。

願望成就

人工精霊の召喚術を実践する上で、一番の楽しみとなる部分です。お願い事を叶えてくれるのですから、これに過ぎたるものはありません。術者自身の霊的成長や人間的成長を促す内容のものがベストです。具体的には、弱点の克服や、術者の人間関係改善やその発展です。運は人間関係から発生しますので、そういった謙虚なお願いの仕方が一番効きます。望む結果とそれに至る過程をよく考えて想像して、過程が再現されるようにお願いしましょう。いきなり結果を求めてはいけません。もっとも…これは人工精霊に限らず、神社でのお参りも同じです。

過程とは、霊的成長や人間的成長の機会でもあります。それを経ずして結果だけ求めるのは、霊的に不合理な話となります。なので、結果を直接求めると、その反動から厳しい試練が与えられます。

夢の設計図を作ろう

結果に至るまでの過程の数々と言うものは、言わば、小さな結果を達成した足跡です。これは、大きな目標は小さな目標の集合体と言われる所以です。上の願望成就に掲載してある図は、あくまでも簡略して表現してあるものです。実際、過程と言うものはフローチャートのように多岐に渡り、数多くあるものです。もしも、夢の設計図を書くとしたら、本当にフローチャートのように作ってみると良いでしょう。もちろん、100%思い通りになる事はありません。しかし、多少のハプニングで壁にぶつかったとしても、次の過程へつながる道を模索する為に有効的なツールにはなります。命ある限り、人生のフローチャートの線は必ずどこかへつながります。死なない限り問題ではありません。挫折を挫折と感じる理由は、それしか人生の道はないと自分で思い込んでしまっているからです。他の投稿記事でも書きましたが、圧倒的大多数の方は、スタート地点から時間の流れに沿ったやり方で計画を立てて、ただ一本の道を進もうと試みがちです。浮気は絶対ダメ!!二兎追う者は何とやら~と自分に強く言い聞かせて信念を貫こうとします。開運に根性論は不要です。別に、二兎追っても構わないのです。浮気性は良くありませんが、別の選択肢を準備して置くくらいの心の余裕は持ちましょう。失敗した場合、代替案がなかったり対策が取れないと本当に悲惨です。八方塞がりになり何もできなくなります。行き当たりばったりによるその場しのぎから「手段の目的化」に走りがちになり、不幸な馬車車人生の新ステージ幕開けとなります。フローチャートで事前に選択肢を想定しておくなり、すぐに新たな線が引けるようチャート全体を見渡す意識を持ちましょう。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。