音と香りで溢れた生活環境を演出して除霊する

更新日 2018/03/14

無味乾燥な生活空間では運気は上がらない

悪霊や怨霊はジメジメした悪臭の漂う空間が大好きです。動物霊なんかは、獲物となりそうな人間を絶えず探し求めており、憑依する機会を虎視眈々と狙っています。その為、動物霊特有の霊臭をかき消すのできる臭くて湿気た場所は最適な伏兵先です。換気と掃除がほとんど行われない部屋は、これら悪霊達の恰好の潜伏先、住処と言っても過言ではありません。実際、運勢が極端に悪い人や、性格や人格に問題のある人は、その人自身の住環境にそう言った問題があります。自分がそうならないためにも、生活のリズムを崩す事なく環境は美しく整えましょう。掃除と洗濯、整理整頓、そして換気が最強の除霊方法です。しかし、それだけではなんだか人生つまらないです。生きていく上で生きがいは絶対に必要です。一時期、断捨離なる開運術が流行りましたが…それが何であれ、度が過ぎれば不運の原因につながります。簡素過ぎる室内で過ごしていると、気持ちが萎えて塞ぎ込みがちになり、逆に運が悪くなりそうです。断捨離を否定したり、それを実践している方を誹謗するつもりはありませんが、整理整頓をやり過ぎるあまり、刑務所の独房と変わらぬ環境で過ごしている方がいます。なんだが、人生の可能性を狭め、自分で自分のクビを絞めているだけのような気がします。やっぱり、人間が着飾るように生活空間にもオシャレが必要です。壁に一枚くらいの絵を掛けて、テーブルに花を一輪飾るくらいの余裕は持ちましょう。それ以外にも、音と香りで溢れた生活環境を演出する事で、良い気と念を自宅に呼び寄せて運を良くする事ができます。感じの良いBGMと適度な芳香で満たした空間は、自然精霊や守護霊などの善霊には快適な場所となります。

音色で除霊する

基本、霊的に悪い存在は「音」が苦手です。神社でのお参りや神棚でのお供えの際に行う柏手、両手を合わせてパン☆パン☆と叩いて打ち鳴らす行為には、悪霊退散や除霊に高い効果があるとされています。また、悪霊と遭遇した際、大きな声を出しただけで追い払う事できたケースも多々報告されています。だからと言って、わざわざ心霊スポットへおもむき、そのような行為は決して行わないようにして下さい。大切な事なので念を押して置きますが、人工精霊の注意事項でも散々説明しました通り、興味本位や肝試し的な気持ちから、何らかの除霊行為による先制攻撃は絶対に行ってはいけません。心霊スポットの主はそれなりのレベルであるからこそ、そこが心霊スポットとして知れ渡っているのです。中途半端な心構えでそういった事を気軽にやるもんじゃありません。率先してそういった事はしてはいけませんが、人工精霊による守護と同様に、日常生活の一部として「音」を霊的防御に利用する分には一向に構いません。私もスカパーのデジタル音楽放送をBGMとして一日中鳴らし続けていた時期がありました。ラテン系の明るい感じのする音楽チャンネルを選んでいましたが、暗い感じのものでなければ個人の好き好きで良いでしょう。最近では、スマートスピーカーによる音楽配信サービスの利用方法もありますので、BGMの流れる室内空間で過ごすと良いでしょう。それ以外にも、金属音の鳴る場所は苦手なので避けるとも言われています。玄関のドアを開閉する度に鳴るベルなんかお勧めなんですが…わりと騒音の苦情を受ける原因ともなりやすいのでコレはやめた方が良いかもしれません。私はパワーストーン浄化用の音叉をたまに鳴らして室内を音で浄化してます。

香りで除霊する

悪臭が漂う空間には悪霊が住み憑くだけですが…だからと言って、それを恐れるあまりファブリーズや消臭剤を多用してはいけません。ぶっちゃけ、完全に無臭にすると言うの難しいと思います。やっぱり、人それぞれ体臭はありますし、その人ごとの生活の場には独特の臭いがあります。毎日きちんと風呂に入って、掃除と換気、洗濯をしていても臭いは完全に取れるものではありません。そこは神経質にならず、音と同様、香りで生活空間を飾りましょう。適度な香りのする芳香剤は、除霊はもとより、自然精霊などの善霊を自宅に呼び寄せる格好の開運アイテムとなります。あくまでも適度なですからね。よく、電車やバスの中で化粧や香水の臭いを周囲に強く漂わせている方がいますが…鼻が曲がるほどのレベルとなると、悪臭と同様に霊臭を隠している可能性があります。その人の取り憑いた動物霊などが、その人の意識にそうさせるよう働きかけているのです。香水を普段何気に使っている方は今一度注意した方が良いかもしれません。ドラックストアで売られている普通の芳香剤でも構いませんが、アロマテラピー用のハーブ系の芳香器具で香りを演出すると良いでしょう。私はリンゴのような香りのするカモミールが好きなのでよく焚いていました。キャンドルやお香はやや強めの香りとなりますので、やっぱり多用には注意が必要です。他人が不快に感じない程度の薄い香りになるよう心がけましょう。芳香や香水以外のものとしては、コーヒーや紅茶、スパイスの香りも良いでしょう。特に、スパイスは悪霊退散と除霊効果のある魔法の粉です。黒胡椒やシナモンなどをコーヒーや紅茶にひと振りだけ入れ、香りを漂わせて飲む事で最強の除霊体質となります。

高貴な雰囲気の漂う環境には高貴な者がやって来る

類は友を呼ぶなんて諺がありますが、現実の人間関係同様、霊的なものにも同じ事が言えます。と言いますか、魂が共鳴する事で引き寄せられるのですから、同じ霊的次元(波長)を持った者同士が、特定の一カ所に集まったり、同じ方向に向かって歩み寄るのは当然の理です。それが永続的に続く場合もあれば、相互の成長のため発展的に解消する場合もあります。そんな遠い先の事はともかく、現世における自分の魂の拠点である「現住所」は、そう言った念や想いを極大増幅させる場所として、これ以上に最適な場所はありません。なので、風水や家相以前に、霊的な視点からも、住む場所の環境や条件は、住人の運命を大きく左右する決定要素だと思います。掃除・整理整頓・換気の三点は開運の基本ですが、さらに、音と香りで生活空間を演出する事で、それ相応なものが自宅にやって来るようになります。高貴と言うと何だかおこがましく感じる方もいるかもしれませんが、変に遠慮した気持ちになる必要はありません。多くの方は、風水の開運メソッドを重視するあまり、霊的なものを蔑ろにしがちです。風水で失敗したり、逆に運を悪くされる方は、風水に凝り過ぎたり、変に強く意識し過ぎていたりする傾向が見受けられます。効果がないなんて文句を言う方はやり方を間違えているだけに過ぎません。まずは、普段の日常生活における普通の習慣で、自然に除霊・魔除けできる仕組みを作り上げる必要があります。そして、自然精霊や神格化された善霊を自宅に呼び込みやすい環境に整えましょう。また、音や香り以外にも光も重要な要素です。最近は、消費電力の少ないLED照明器具が安価に売られています。自宅の照明はできるだけ明るいものにしましょう。