人工精霊による開運の秘訣と守って欲しいこと

    G+  B!  LINE

開運の秘訣は実践の秘匿性にある

人工精霊にしろ何にしろ、こういったものは、自分の世界の中だけで限定してやるべきです。自分が良いと信じているのならばそれと良いと思います。良いと信じているものだからといって、それを実生活で他人に勧めるのは早計です。自分のために実践するものなので、他人に勧めたりする必要はありません。家族も含め、周囲の人に人工精霊の召喚を実践している事を明かすのはやめましょう。わざわざ自分の守護霊を他人に紹介するのも変な話だと思います。人には内緒にしましょう。開運のメソッドを実行して成功する秘訣は、それを実践している事を秘密にする点にあります。話は若干それますが、職場や学校などで、たまに「私は霊が見える!」などと吹聴する自称霊能者※1がいます。そういった方々は「自己愛性人格障害※2」や「演技性人格障害※3」などを患った、自分が特別な存在であることをアピールしたいだけの変人です。本物は黙っているもんです。そんな人とは深く関わってはいけません。関わった人を必ず不幸にします。偽物はニセモノであるが故に、積極的に周囲にアピールする必要があります。そういった方は、人に不安感を煽ったり、心の隙間に付け入ろうとしているだけの、不幸のメソッドの実践者であり貧乏神そのものです。プロの占い師や、テレビ等に登場するようなレベルの方を除いて、普段の日常生活で遭遇するような自称霊能者の多くは偽物です。心霊現象を語って不安感を煽り、人の心に害を及ぼそうとするような人は、他の投稿記事に書きました通り、それこそ、守護霊から見離され、悪霊や怨霊、動物霊などの影響が原因で、そんな言動と行動に出ているものです。絶対に関わってはいけません。注意しましょう。

  • 学生ならともかく、社会人が勤務先でこういった方面の会話をするのはどうかと思います。職場の雰囲気に悪影響が認められた場合、状況にもよりますが、会社から服務規程違反と見なされて、懲戒処分の対象になる可能性があります。十分注意しましょう。
  • 簡単に言うと、病的で極端なナルシストさん。自分は特別な存在で、自分以外の人間をバカだと思っているバカでしょうね。症状がさらに悪化すると統合失調症になると言われている。程度の差こそあれトラブルメーカーのほとんどはコレが原因。
  • 簡単に言うと、病的で極端な目立ちたがり屋さん。現実と妄想の区別がつかず、知った被る人にその疑いがある。重度のうつ病なんか併発しやすく、自己愛性人格障害同様に破滅の末路が待ち受けています。

信じる信じないに関わらず

このサイトは、いちおう「霊」の存在を信じている方向けに制作しています。しかしながら、このサイトの制作者は、科学とオカルトを明瞭に線引きする分別と姿勢は大事だと考えております。世間一般的に非科学的なものとされている「霊」を信じるか信じないかは個人の自由であるべきだと思います。科学万能主義は嫌いですが、科学を全面的に否定するつもりもありません(実は理学部出身だったりする私)。霊を信じる人も、信じない人と同様に、人として持つべき最低限の常識や道徳観念は保持すべきだ思います。現実と妄想、純粋科学とオカルト、常識と非常識の区別がつかなくなり、暴走した挙句、地下鉄サリン事件を起こしたカルト教団の騒動は、多くの人の記憶に残る衝撃な出来事だったと思います。このサイトの制作者の両親も、当日は親類の法事で都内に外出しており、事件発生時、あの霞ヶ関駅におりました。もしかすると、ガスを吸って死んでいたかもしれない…そう思うと今でもゾッとします。分別のつかない人は何をしても最悪な結果を招きますし、周囲に害をもたらします。ちなみに、このサイト制作者は理系出身ですが…理系の人間だからと言って、こういったものを速攻で否定するような人ばかりではありません。理系でもわりとUFOやら幽霊やらを信じている人は結構いました。オカルト物に文系理系は関係ありません。その点はあまり気にしないで下さい。私なんか、日本史や世界史など、年号やら人名、地名など、単純に覚える事がたくさんある教科の勉強が嫌なだけだったと言う理由で、なんとなく理系に進学しました。ただ、そういう心構えは良くありませんね。もっと、早くから人工精霊を知り得ていたらと思う時がときたまあります。

心霊現象や霊障などを疑う前に…

私が会社員時代、同じ部署に自称霊能者がいたんですが…夜、就寝中に金縛りに遭って目が覚めると、自分の胸元に見知らぬ人が正座をして座っていたとか、黒い人影が自分の顔を上から覗き込むようにニヤニヤ見ていたとか、そんな感じの体験談をみんなに話していました。ただ、いずれの体験談も睡眠時に限定されており、当人の身長はそれほどでもないに関わらず、体重は優に90キロは超え、あきらかに健康上に問題のある方でした。悪口っぽくなるのであまり言いたくはないんですが、おそらく、睡眠時無呼吸症候群や何らかの睡眠障害などに起因する幻覚ではないかと思われます。また、霊を見てからしばらくすると、霊障による頭痛に悩まされていると主張する方もいましたが…よくよく話を聞いてみると、この方のいう霊の正体は「閃輝暗点※1」でした。しかし、閃輝暗点は霊の仕業としか言い張りません。当人達は真剣なんでしょうが、今一度、自分自身の健康状態を、科学的かつ客観的にチェックしてみるのも悪くないと思います。このサイトの制作者は、霊の存在や人智を超えた力のようなものがこの世にある事を信じている方(ちなみにUFOは信じていない)ですが、だからと言って、そう言ったものを、すべて無条件に受け入れている訳ではありません。そう言えば、2016年、あるIT企業が運営する医療系のキュレーションサイトで「肩こりの原因は霊のしわざ」なんて記事が公開され物議を醸しましたが…純粋科学の記事に、それとなくオカルト要素を混ぜるのはどうかと思います。まして、人様の命が関わっている医療系となると問題だと思います。科学は科学、オカルトはオカルトと明確に分断すべきだと思います。

  • 閃輝暗点とは、片頭痛の前兆現象として発生する一時的な視覚症状。キラキラと光り輝く模様が見える。ほぼ数時間以内に激しい頭痛が起こる。脳梗塞などの重大疾患が起こる場合もあるので、いちおう、脳神経系の診療科のある病院へ行きましょう。

信じる事は素晴らしい事だけど…

自分のやっている事に自信があり、それを信じているからと言って、他人にそれを押し付けるのは良くありません。わざわざ自慢する必要もありません。私は神様や仏様の存在も固く信じております。だからと言って、最近の宗教団体というものにはとても懐疑的です。こちらは明確にはっきりと断っているのに、何度も執拗に勧誘にやってくる方がいます。私から言わせてもらえば、彼らは「不幸の宅配便」以外何者でもありません。勧誘する方の表情を見ると、だいたい、何か得体の知れない者に取り憑かれたような感じのする方ばかりです。言葉尻を捕らえて議論を吹っ掛け、自分達の側に丸め込もうとする姿勢は、言い方は悪いかもしれませんが、ヤーさんが因縁を付ける時の手口と変わりありません。興味ない→どうして興味ないの?帰って→話くらい聞くのが礼儀では?といった具合にガンガン喰らい付いて来ます。中には、あなたに悪霊が憑いてます!入信すれば救われます!なんて事を言う人も…なんか悪い者が憑いているのはそっちだよ!そっち!見えますよ…ええ、何か変なドス黒い影をした見るからに悪そうなモンがアンタの背後に憑いているのがね。救われるどころか、間違いなく魂が悪いものに巣喰われています。日本は信教の自由が保障された国ですし、布教活動をやめろとは言いません。こう言った非常識で悪質な事をするのは一部の団体だと思います。しかし、悪霊や霊障なんかの話を持ち出して、人様の不安感を煽ったり脅したりするような宗教は宗教じゃありません。そんな事をするような人の信じる神様は神様じゃありません。エルボの達人だかエロスの将軍だか何だかは知らんが…頼むから、頻繁にやって来るのはやめてくれorz

科学は万能じゃない。精神世界にこそ万物の真理があるのです(´・ω・`)

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。