人工精霊による加護を確認する方法はないの?

更新日 2018/03/15

玄関先で試してみる

人工精霊と言うと、イマジナリーフレンドや願望祈願ばかり目が向けられがちです。人工精霊は守護精霊であり、あなた本来の守護霊が不在の時に、その代わりの役目を担う存在でもあります。その点を忘れないでください。でも、守護の力と言われても具体的にどういったものなのか?いつどのように発動しているのか?気になるところであります。守護の力が発動する条件は二つあります。一つ目は、自分に対する生霊飛ばしがあった場合。二つ目は、良からぬ人物が自分に接近して来た時です。その時、人工精霊は術者を守ろうと全力で戦いますが、戦果報告のようなものは基本ありませんので、お願い事の時のような感覚で認識するのは難しいと言えるでしょう。でも、守護の力を確認する方法はない訳でもありません。日常生活レベルで悪いものから自分の身が守られているかどうかを試します。とりあえず、玄関先や電話口などで「拒否する力」「断る力」を実験します。あなたの自宅にやって来る新聞勧誘員や不動産投資勧誘、政治宗教等もろもろの勧誘の魔の手から自分の身が守護されているかどうか試します。また、作った人工精霊の霊力のレベルの測定と言いますか、簡単に確認する事ができます。別投稿「人工精霊で決断力を鍛え日常生活を楽しくする」の「開運には拒否する力も必要」で述べました通り、運の悪い人は本当に優柔不断でお人好し過ぎる一面があります。以下の通り、育成した精霊とご自身の霊力レベルに応じ、大きく四段階くらい分かれると思います。それぞれのレベルで5秒以内に勧誘を撃退できたらクリアです。念の為にクギを刺しておきますが、心霊スポットで試すようなマネは絶対にやめてください。憑り〇されても知りませんよ。

初級・新聞勧誘を瞬殺する

新聞は文字情報の集合体ですから、霊的に言えば膨大な文霊の塊みたいなようなものです。残念ながら、日本の新聞社の多くは真実を純粋に伝える事を忘れ、何らかの恣意や意図(=念)が入った悪いものばかりです。まぁ、この件に関しては、察しの良い方なら私が何を言いたいか分かるはずです。当サイトの内容とは関係ありませんので、ここで詳細に書くのは避けます。もちろん、新聞社のすべて要素がそうだと言いませんし、だからと言って新聞社は不要だなんて言いません。言いませんが、悪質な新聞勧誘を黙認する姿勢は許せません。一般企業の不祥事を追求して正義面する一方で、自分達の足元で蔓延る悪事を黙認しているのですから許せません。私も学生時代に、Y売新聞※1の勧誘員にドアを蹴られた経験あります。ほんとココの新聞社の勧誘員はどこ行っても酷いわ。実際、新聞の悪徳勧誘員の3割は低級霊に魂を侵された悪魔、そして、残りの7割はキツネやタヌキなどの動物霊に憑りつかれています。私の人生の中で、善良な新聞勧誘員※2なんて1人しかいませんでした。なんか洗剤10箱とビール券、コーヒーのセット、カレンダーにタオルまで貰えたので善良としておきます。いや、神レベルでしょう。なんであんなに景品付けて貰えたのか未だに謎なんですけど…後に、新聞奨学生だった方から聞いた話では「ノルマ達成の1件、最後の一押し」と指摘を受けましたが…やっぱり謎です。まぁ、現在は同居する家族で大の巨〇ファンがいるため、致し方なくY売を契約しています。それはさておき、悪徳新聞勧誘に遭遇したら、迷わず5秒以内に、全身全霊で腹の底から吐き出すように「新聞いらない」と霊力を込め大きな声ではっきり伝えましょう。

  • あとA日新聞だわ。Y売とA日は本当に凶暴です。なんで暴力で訴えるの?
  • ちなみにM日新聞だった。ネット上ではアレやコレや言われていますが、一般日常生活の範囲内に限っては、わりとまともな新聞社の気がします。少なくとも勧誘で不快な思いをした事は一度もありません。

中級・投資勧誘を瞬殺する

新聞勧誘と対処方法は同じです。全身全霊を込め、大きな声で「いらない」とはっきり伝える事です。精霊も「帰れ♪帰れ♪」と背後から加勢してくれます。しかし、新聞勧誘員のように一筋縄ではいかないのが不動産投資勧誘です。新聞勧誘員になるような人と違い、口達者な上に頭のキレる…まぁ、言うなればインテリ暴力団と言っても過言でないくらい大変恐ろしい集団です。すでにテレビ等でご覧になりご存知の方も多い方と思いますが、その強引な勧誘振りは新聞勧誘の比ではありません。もちろん、すべての業者がそうだと言いません。善良なところもありますし、私も善良な業者を見つけて余剰資金の一部をその運用に回しています。悪質な業者の勧誘員の多くは猿や蛇などの動物霊に憑依されており、眼光をギラギラさせた下三白眼※1状態の者も目立ちます。悪質新聞勧誘員の多くは目が死んで濁っていますが、怪しい邪眼の持ち主がとても多い業種です。生半可な気持ちで挑むと必ず痛い目を見ます。それこそ全身全霊です。ポイントは二つです。勧誘員と遭遇してから5秒以内に「いらない」と大きな声ではっきり伝える事と…そうですね~動物霊に憑依された者とは言え、相手も元は人間です。慈悲の心を持って神が人間に語りかける時のようなソフトタッチな声になるよう留意しましょう。やっぱりトゲのある言い方だと相手もカチンと来ます。いわゆる「鶴の一声※2」の持ち主はこの点をわきまえた大物です。自分もそんな人物になれるよう努力しましょう。笑顔は見せず仏面で対応しましょう。遭遇してから数秒以内にそんな感じの言い方や応対をされたら勧誘員に憑いている動物霊も委縮して、本人の意欲も挫け退散して行きます。

  • 瞳を上に向け、下側の白目部分が目立つ感じのする眼つき。
  • どんなに正しい意見を主張しても、生理的に嫌悪感を覚えるキンキン声では共感は得られません。伝える内容も大切ですが、声の質により言霊は大きく変わります。

上級・宗教勧誘を瞬殺する

もうこうなると、なんだか勧誘員が自宅にやって来るのが待ち遠しくなって来ます。しかし、それら以上に一筋縄でいかないのが宗教勧誘です。相手もこちらと同様に信じるものがあります。なので、論破してやろう等と意気込み同じ土俵の上に立ってはいけません。また、新聞勧誘の時と同様に「いらない」と言っても効果はありません。相手が取り扱うものは現世価値物ではないからです。別に普通に「興味ない」でも構いませんが。それは一時なものです。逆に相手の意欲を駆り立てる言葉ともなりえます。ネット上では、様々な断り方が紹介されていますが、相手が過激な団体であった場合、何をされるかわかりません。興味本位で実践すると危険です。おかしな小細工もやめましょう。相手は基本的に魂の救済と称した「不幸な人」探しをしているだけです。なので、新聞や投資勧誘の時とは正反対に、満面の笑みでヘラヘラしながら上から目線で対応すると良いでしょう。だいたい、宗教の勧誘員のほとんどは、洗脳という言い方をしたら怒られるかもしれませんが、何かに憑りつかれたような感じ※1のする暗い表情をした方ばかりです。私は(^◇^)な感じでアホっぽく口を開けて応対しています。以前、勧誘をして来た方に「楽しくなさそうですね」と言ったら悲しそうな顔をして去っていきます。その日のお昼にニンニクがたくさん入った餃子を食べた影響もあったかもしれませんが、楽しくなさそうだとか「辛そうですね」「大丈夫ですか?」と言えば瞬殺できます。ただし、例外もあります。エホなんとかは本当にしつこいです。まぁ、この団体の方々は大人しい人※2ばかりなので、訪問回数は多いですが粘らないので滞在時間は短いです。毎回適当にあしらっています。

  • 団体や宗派によって種種雑多な動物霊が感じられます。一般的な動物のみならず龍なんかもいます。
  • 鞭で武装しているとの噂を聞いた事があります。大人しい人ほど本気で怒らせると怖いものです。注意しましょう。

特級・政治勧誘を瞬殺する

人工精霊にしろ、所以のある本来の守護霊にしろ、それらによる加護は、あくまでも補助的なものだと思ってください。主戦力は自分自身の霊力です。守護の力ばかりに頼りきって、自分の霊的成長を促す努力を怠ってはいけません。そもそも、自身の霊力が高ければ、人工精霊や守護霊の力に頼らなくても、たいていの問題は自力で解決できるようになります。最後に、対処がわりと難しい勧誘の瞬殺方法について説明します。親類や知人の中に、政治的な方面の活動をしている方がいると間違いなく自宅にやって来ます。得体のしれない反対運動の署名やデモ活動参加の勧誘なんかされたらたまりません。私にも、いろんな反対運動に首を突っ込み精力的に活動している叔父がいます。神や仏を信じていないので、ある意味で宗教勧誘以上に厄介です。でも、基本的に話をマジメに聞いて欲しい(でも人の話は聞かない)と思っているだけなので、そこを突くしかありません。つまり(・◇・)な感じでバカっぽく口でも開けて不真面目な態度で接すれば良いのです。叔父※1に「バカだから難しい話わからない。」と言ったら5秒で怒って去っていきました。逆に右の従兄弟※2には「自衛隊に入隊したら?」と上から目線で助言すると悲しい表情を浮かべます。どうも左の方の一部に猿、右の方は犬の動物霊を感じます。まさに、極端な思想を真逆に持った者同士は霊的に見ても犬猿の仲です。私は韓国のオンラインゲームが大好きで、サドンアタックやCSOなどのFPSにハマっているんですけど…左の方からは野蛮人と罵られ、右の方から非国民と罵られます。なんて息苦しい世の中だ。ゲームや音楽、映像コンテンツくらい個人の自由、国境抜きで構わないだろう。

  • なんかの反対運動の署名に自分の名前を勝手に使おうとしたので絶縁しました。
  • 親戚一同会した飲み会の席上で、酔った勢いで叔父とガチンコ勝負…とても見苦しかったです。チビどもがジュースをストローでジュルジュル啜りながら「どうしてオジさん達はケンカしているの?」と不思議そう~に見ていました。