守護精霊を召喚して運命を望み通り変える方法

運が悪い原因は自分にある

人生は山あり谷あり…そう言われるように、人の一生には良い事もあれば悪い事も必ずあります。幸福が永遠に続く人生なんて絶対ありえません。しかし、どういうわけか、谷の中をひたすら歩み続けるだけの谷底人生が続き、いつまで経っても山がやって来ない不運な人がいます。幸運続きの人生はありえないのに、なぜか不幸続きの人生はあったりします。チャンス到来と思いきや、いきなりアイガー北壁級の断崖絶壁が目前に迫り、戦わずして敗退したり、予期していた通りの壮絶な大失敗をして挫折する可哀想な人もいます。運を良くするためには、まずは、その事実を認めて受け入れましょう。何事も発生した問題の原因を追究して対策をするためには、発生した問題の背景となる現実を直視して認める必要があります。しかし、これは人間の悲しい性なのでしょうか…現実を受け入れられず、問題の原因を外的なものに転嫁してしまう傾向にあります。そんな考えに縛られている間は、あなたの運命は一向に改善されません。悪いのは自分じゃない…しかしながら、運が悪いのは自分が原因です。幸福になりたければ、プライドや見栄、虚栄心などと言った「心のリミッター」を解除しましょう。それは恥ではありません。それで、あなたを嘲り笑う人がいても気にする必要はありません。自分を不幸にしている原因が自らそうと知らせているわけですから、そんな人と深く関わるのをやめればいいんです。そもそも、運勢や運命というものは、現状の人間関係を基盤に動いているものです。自分を変えれば、類は友を呼ぶように、自分の周辺の人間関係も自ずと良い方向へ変わり始め、結果として、運も良くなります。運を良くするためには、まず自分が変わりましょう。

人生の分岐点で大きく変わる運命

次に、不幸な自分がいる一方で、なぜか、人生の分岐点で常にベストな選択をし続け、幸福な人生を歩んでいる人もいます。もちろん、上で述べた通り永遠の幸福なんてありえません。どんな人にも幸不幸のサイクルは必ずあります。しかし、良い運命に導かれた人の不幸と、悪い運命に導かれた人の不幸とでは意味合いは違ってきます。前者は一時的なものであり、それをバネとして利用するかのように、さらなら高みへとステップアップして行きます。後者は慢性的なものであり、いつまでも引きずりステップダウンを繰り返す愚行を犯します。その差は歴然です。運の悪い人というのは、進学や就職、転職、結婚などの人生の節目において、最悪な結末が用意された進路を選択しがちです。また、どういう訳か、そんな人に限って、不幸になる方を何度も繰り返し選択してしまい、苦労の絶えない不運な日々を送り続けます。中には、苦労の末に成功をおさめる大器晩成な人もいますが、それは稀有なケースです。運の悪い人の圧倒的大多数は、苦労は報われることなく一生を終えます。残念ながらそれが現実であり事実です。未来を見通すことなんて簡単じゃないし、条件はみんな同じはずなのに…何かまるで不運な人にはないものの力によって守られているかのように、あらゆる不幸をはねのけて生きています。不思議なくらい幸運続きの人がいるのに、何が足らなくて自分だけこんなに不幸なのか?不思議でなりませんが、幸福な人と言うのは、持って生まれた先天的な気質によるところが大きいのかもしれません。だからと言って、運の良い人を羨望していても仕方がありません。どうすれば自分も幸運になれるのか?運の良い人と自分との違いを見つけ謙虚に学びましょう。

正しい運命の導きを得るには?

人は生まれながらにして誰でも幸運になれるチャンスは等しくあります。足らないものを手に入れれば問題解決です。世には様々な開運術がありますが、共通して言える事は、運を良くしたければ行動を起すことです。いつまでも悶々とした日々を過ごしたりせず、そのために行動を起こしましょう。以降、このサイトでは、その「足らないもの」「不運な人にはないものの力」について説明して行きます。まず、運を良くするためには、あなたを悪いものから守り、あなたの運命を正しい方向へ導いてくれる存在が必要です。では、どうすれば、自分の運命を正しい方向に導いてくれる「存在」と出会えるのか?それは神なのか仏なのか?多くの人は、そういった感じに神や仏などの崇高な存在をイメージするかもしれません。ただ、神様や仏様というものは、とても多忙な方々であり、人間一人一人のお願い事なんていちいち聞いてあげられるほど余裕はありません。また、そんなに都合の良いものではありません。たまに気まぐれを起こして、自分のお願い事を叶えてくれると思いきや、壮絶な試練を与えたりします。これは決して罰や意地悪からのものではなく、あえて真逆な状況を引き起こして、その人の人間的成長を促進させる目的(結果として開運)からお与えになるものです。なので、神様仏様に祈りを捧げ、運を良くするにはとても長い時間がかかります。それに、宗教の本来の目的は「神の教え」による「魂の救済」です。現世での苦しみから解放するのが本来の目的です。特定個人の「守護」や「願望成就」ではありません…とは言え、やはり、そこはあまり時間をかけず、効率良く運を良くしたいものです。

自分だけの最強の守護精霊を召喚する

運を良くするためには、あなたの運命を正しい方向へ導いてくれる守護の力が必要です。願望成就は二の次です。そうなると、ここはやはり、あなたに所以のあるご先祖様や亡くなった親類縁者の方々の守護霊の出番でしょう。しかし、24時間365日、常に自分の背後に憑いて一生涯守ってくれるご先祖様や親類縁者の守護霊なんていません。守りたい子孫はあなた一人だけではありません。世代を重ねれば重ねるほど、守りたい子孫の数も多くなります。どうしても、守護霊の不在による「守護の空白期間」の発生は避けられません。守護霊が不在となる時期は、悪霊などから無防備な状態となっており、運気が大きく低迷しがちです。さらに、これが人生の分岐点となる大切な時期と重なると、望んでいた未来を失いかねません。一時的な守護霊の不在であっても、人生における重大局面と重なれば、一生を棒に振るような誤った選択肢を選びかねません。でも、守護の空白期間を乗り切る方法があります。実は、運命の導きや守護の力は(本来の)守護霊以外の「存在」からも得られます。あなたに憑いて守るべき守護霊の役割を補佐したり、代行してくれる「代替守護霊」というものです。自分だけの守護霊を人工的に作ってしまう方法があります。これで、人生の節目で正しい選択ができるようになり、運命を望む通り変える事ができるようになるかもしれません。守護精霊召喚術の一種であり、自分の意志で作り出したり、自由自在に呼び出したりする事ができるので「人工精霊」と呼ばれてもいます。本来の守護霊の負担を軽くして差し上げることもできるので一石二鳥です。24時間365日、自分一人だけをずっと守ってくれ、お願い事も叶えてくれるようになります。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。