ぶっちゃけ解離性障害・中二病との違いは何?

思春期にありがちな心の病では?

たしかに…自分一人だけしか意思疎通の取る事のできない人格体を別に作り上げる訳ですから、人工精霊の術者は解離性障害を患った人と似ていると言えば似てます。でも、人工精霊は厄除けのためや、自分の運命が正しい方向に導かれるよう実践するものであって、現実逃避や自己喪失で身を亡ぼす多重人格とは違います。重要な点なので何度も繰り返し言いますが、普段の日常生活で人工精霊の話は絶対にしてはいけません。誰かに話したところで奇人変人扱いされるのは目に見えてますし、そもそも、自分の守護霊を他人に紹介するのは霊的にも大変不適切な行為です。話すだけご利益も減ります。自分の幸福追求のみに専念していればいいんですよ。人工精霊で失敗して本当に多重人格に転がる人は、人工精霊以前に元から何がしか頭の使い方に問題のあった人です。人工精霊召喚術と解離性障害は真逆なものであり似て非なるものです。自己喪失的な意識から自分を見失ったり自我を崩壊させるような事はしません。むしろ、人工精霊の術者からしたら、日常生活のそこかしこにいる…すぐ威張る人、上から目線で他人を見下す人、自分を特別な存在だと思い込んでいる人、現実と空想の区別のつかない人、自堕落で理性的な行動を取ることができない人、時と場所をわきまえない人など、数え上げたらキリがありませんが、そういった人の方がよっぽど頭がおかしいと思います。学校や会社などでは、空手チョップのポーズで「おはよう♪」と朝一言いえば、その日一日爽やかに過ごす事ができるのに、一人で勝手に悦に入って独特のオーラを発している人がいますよね。素直なればいいのに、拗ねた子供みたいでアホじゃないのかと思いますよ。

やっぱり普通が一番

中二病は、人生における大人と子供の中間地点で発症する魂の病気です。多くは完治して普通の大人に育ちますが、その大人になってから後悔しても…言わせんな!!とても恥ずかしいぞ!!\(^o^)/と言っておきます。成人式の後の同窓会であ”あ”あ”あ”あ”!!と叫んだ痛いヤツいたわ。基本的に、このサイトは高校生以上を対象に制作しています。もしも、この場に中学生以下の子がいたなら…今は勉強と部活動に専念しよう!!と言っておきます。人工精霊はやるなとは言いませんが、大人と子供の中間地点で何をなすべきか?を…少し考えてから実行しましょう。中学生になると行動範囲も広がり、これまでに経験した事のなかったような出来事に遭遇するきっかけも多くなります。多くは自分が試される悪ぃ~誘惑です。そんな不安定な時期に人工精霊をやるのは正直おすすめできません。できれば、高校生になってからやりましょう。でも…自分は大丈夫!!自分は特別!!とかなってしまうのも…この時期特有の心境です。いちおう、言っておきましたからね。自己責任ですからね。最悪、本当に多重人格などの精神障害に転落しますからね。背伸びしたくなる気持ちは理解できますが、もともと人は誰しも唯一無二の特別な存在です。この広い世界であなたと言う存在は…たしかに特別な存在です。ですが、それが普通の事であるに過ぎないと言うだけの話です。俺は私は特別!!とあえて思い込む心理は、自分の弱さ以外何ものでもありません。大人になっても中二病を発症している人がいますが、多くは10代で経験した大きな挫折や劣等感が原因です。それを克服できず、体だけ大人になってしまった痛い方々です。将来、中学生みたいな大人になりたいですか?

精神世界の探索者であり中二病とは違う

話はもの凄く飛躍しますが…人類に残されたフロンティアとして、一般的には宇宙や深海、地球最深部の世界がイメージされがちです。しかし、身近にもそれらに匹敵する世界が存在しています。それは人体…特に、脳の働きはえらい神秘に満ち溢れています。そこを源として創られる「精神世界」は無限の可能性を秘めたフロンティアであります。個人レベルで宇宙の探索はむつかしいですが、精神世界の探索は可能です。基本的に空想するだけですから簡単にできます。神を信じる信じない、霊の存在を信じる信じないに関わず、多くの人が簡単気軽に接する事のできる世界だと思います。それが宗教であったり、真理の探究や模索であったり、こんなサイトのように人工精霊の創出など、精神世界の探索で実践される形は、人や目的によって様々だと思います。たた、共通して言える事は、固定概念に縛られる必要がない点です。なので、自分の大切な脳をフルに活用して、自由自在に精神世界を探索したいものです。ちょっ…お前の言っている事が何であるかわからんのだが…あの~病院へ行った方がいいんじゃあ~~りませんか?などと突っ込みを入れるのは…まぁ、ちょっと待ってください。たしかに、ある意味で中二病より何だか怖い世界観に思われるかもしれません。中二病とは、特定の世界観や独特で異様な価値観に囚われ、魂をこじらせた状態を指します。本人の勝手な思い込みによるものが原因で、精神世界の「探索」と言うよりは「迷子」の状態と言った方が適切かもしれません。少なくとも、人工精霊はプロセスやメンタルコントロールを重視していますので、無軌道で根拠や裏付けのない中二病の精神性とはまったく異なります。

人工精霊と中二病の違いをまとめ

  • 他者との比較に興味がないのが人工精霊、周囲の人にそれをなく痛い自慢をするのが中二病。
  • 変な人を避けるのが人工精霊、見えない敵と戦っているのが中二病。
  • 運命は変えられるものと信じているのが人工精霊、宿命に嘆くのが中二病。
  • 視点が客観的になるよう努めるのが人工精霊、視界に映るもの全て斜に構えて見るのが中二病。
  • 人の話に耳を傾けるのが人工精霊、話が噛み合わず会話が不成立に終わるのが中二病。
  • 物事を穏便の解決したいのが人工精霊、争いの火種を欲しているのが中二病。
  • プロセスやメカニズムを大切にするのが人工精霊、根拠のない自信から結果を出せないでいるのが中二病。
  • 集中力を要するのが人工精霊、注意散漫がクールだと信じて疑わないのが中二病。
  • 精神世界に無限の可能性を感じているのが人工精霊、アニメ等を基準に自分の世界観を構築するのが中二病。
  • 自己実現と自己成長に努力するのが人工精霊、自分はできる人と思い込み現状維持の自己満足が中二病。
  • 多様な価値観を容認するのが人工精霊、趣向が極端に偏るのが中二病。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。