理屈抜きのかんたん風水で自然精霊を召喚する

    G+  B!  LINE

自然精霊とは?

このサイトでは、主に守護霊・守護精霊を人工的に作り出す方法について解説していますが、人工精霊の召喚には時間がかかる上、かなりの集中力と根気のいる作業が必要となってきます。そのため、挑戦者が10人いたとすると‥これは私の勝手な憶測ですが、視覚化プロセスで半数強の方が挫折すると思います。視覚化に成功しても、会話自動化プロセスでそのまた半分の方が挫折、結果、1~2人程度しか人工精霊の召喚に成功しないと思われます。その上、完成後の育成プロセスも続けて行かなければなりませんので大変です。精霊体の視覚化・会話自動化に成功しても、間を開け過ぎたり、長期間放置すると自然消滅してしまいます。やはり、日々の日常生活は何かと忙しいものです。日記を付け忘れてしまうように、うっかり、継続中の人工精霊の召喚も何気に忘れてしまうものです。人工精霊に限らず、何事も最初から最後までやり遂げるのは難しいものです。そこで、自分で精霊を作るのではなく、必要に応じてどこからか呼び寄せる方法はないものかと思う事でしょう。あるちゃ~あります。精霊自体はもともと自然界の存在なので、自分で作らず、最初から外界にいる自然精霊を自宅の中に呼び込めばいいんです。欲張らず少しだけ精霊から力を借りて事が済んだら後腐れなく去って頂くと言うものです。では、自然精霊とは具体的にどのような存在でしょうか?結論から言いますと、龍などの架空の生き物、座敷わらしや金霊のような人間に有益な事をしてくれる妖怪※1などの存在です…と言うのは冗談です。そんなものはいやしません。いやしませんが、そういったものの存在を信じている人間の強い想いが、自然精霊的な存在※2を作り上げているのです。

  • これらの存在は、多くの人によって祭り上げられる事によって創られる人工精霊的なもの、集団想念の産物だと思います。
  • 自然精霊の自然とは、自然界の自然ではなく、人間の思念から自然に発生したと言う意味の自然の方が適切かもしれません。そこらへんの定義的なものは、あまり細かく気にする必要はありません。

自然精霊の発生源

言ってしまえば、自然精霊とは不特定多数の人間から解き放たれた気や念の固まりです。これは生霊とは違います。生霊は特定の人物が特定の人物に対して持続的に強い想いを持つ事で生じるものですが、自然精霊は不特定多数の無関係な人達の想いが偶発的に共鳴して生じるものです。ちなみに、一定の関係性、共通の意識を持った人達の集団が宗教であり、その集団想念が神を作り上げているのです。この場合、自然精霊と言うよりは人工精霊に近い感じのものになるでしょう。自然精霊は、水の中の泡のように次から次へ生じて消えていく儚い存在です。その寿命は数日程度です。人間から放たれた気や念は、自然由来の気と合流して、流されていく過程で精霊として形作られ、すぐに消えてなくなって行くのです。気や念というと、人間が発生源のように思われがちですが、地面にも川のような大きな気や念の流れ※1があり、毛細血管みたいに枝分かれしながら大地の上を広がるように伝っています。良いものも悪いものも混在した状態で運ばれています。その流れには、人間の思念が乗りやすいだけではありません。動物霊なんかも流れに乗っています。また、霊的なものの通り道にもなりやすく、死んだ人が成仏してあの世へ向かうために通る「霊道」は、気や念の流れの強い土地にできやすいとも言われています。生霊は、この大地に流れる気のネットワーク※2を介して目的の人物へ辿り着くのかもしれません。生霊は勘弁して欲しいですが…気の流れに乗って漂う精霊を、自分の家の中へ誘導する事ができれば運気アップは間違いありません。これは、人工精霊のように可視化・会話自動化は不要で、中国で伝わる世間によく知られたあの「風水」で実践する事ができます。

  • 地面の気は、主に、道路や鉄道、運河などの人工構造物、山脈や河川なんかの自然境界線に沿って大きく流れている。これらから枝分かれして、大小問わず、すべての道に気や念は流れる。
  • 現世を網の目のように覆っている混合意識体、この世とあの世の中間世界的なもの、アストラル界(幽界)の大動脈のようなものかもしれません。個人的にはそう解釈しています。

風水の原理を応用したもの

風水というと、きっと、中国で伝わる何だか古臭くて難解なイメージのする運気アップ・開運法と思う事でしょう。実際、方位だとか色だとか形がどうこうと言った理屈的なものが多く凹みそうになります。しかしながら、風水の本質と言いますか目的は、掃除や換気、整理整頓、その他もろもろの生活の知恵的な習慣で、家の中を流れる気や念を自在にあやつり、住人の運気を良くしようと言うものです。風水は、これら基本的な部分のみでの実践で十分です。理屈的なものは一切気にする必要はありません。ぶっちゃけ、理屈的なものを全部真に受けてやろうとすると家に住めなくなります。そもそも、黄色の何かを自宅の西の方角に置くだけで金運上昇なんてウソですよ。そんなんでお金に困らないなら、今頃、日本全国から貧困家庭なんて一層されています。むしろ、金運や財産運を強く意識し過ぎて、自然精霊ではなく、欲深いキツネやヘビ等の悪い動物霊を家の中に引き込み、そのまま家を乗っ取られてしまい、信用を失い仕事が低迷したり、散財してお金と疎遠な状況に自分を追い込んでしまうのです。風水で逆に運を悪くしたり失敗する人なんか、まさにこれが原因だと思います。でも、風水の本来の目的を見失わず正しく利用すれば、自宅への動物霊の侵入を拒み、自然精霊のみ呼び込んで運を良くする事ができます。こんな話をすると、心霊現象に否定的な考えを持つ現代の風水師さん達は眉をひそめるかもしれませんが、霊や神の存在を信じる者の視点から見たら、風水は自然精霊の召喚術と言え、これ以上に最適なものはありません。実際、古代の中国では、気や念の流れに乗ってやって来る龍※1が幸運をもたらすと考え、そこから風水が生まれました。

  • 一般的には聖獣、神の化身として定着していますが、霊的には動物霊に分類されます。取り扱いが難しくリスクも高いので、自然精霊の召喚時は、龍をはじめとする麒麟や鳳凰などの吉祥動物は意識しない方が無難です。

自然精霊と姿と呼び方

デザインする必要も可視化する必要もありませんので気にしなくてOKです。そういったものがいるんだ程度で結構です。例えば、不特定多数の人がふと思った「今日の夕飯はカレーにしよう」という思念が合体してカレーの自然精霊ができるもんだと思えばいいでしょう。まぁ、カレーの精霊さんは冗談として…感謝や感動の念なんかが集まり人間関係を良くしてくれる精霊ができたり、向上心や探求心の念が集まってできた自己実現・人間的成長を促す精霊がいるんだと思います。もちろん、当然でありますが、悪い感情からなるものもあります。こういったものは自然精霊ではなく動物霊に変化します。動物霊というと死んだ動物の霊魂をイメージしますが、何もそうとは限りません。不特定多数の人間の醜い感情が集まりできる動物霊もいます。実例を上げますと、龍などの空想上の生き物がそうです。こういった空想上の心霊体は人間の思念が作り上げた動物霊に過ぎません。龍というと聖なるもののイメージがありますが…いったん暴れ始めると甚大な被害をもたらします。龍に憑りつかれたら99%破綻すると思った方が良いでしょう。その多くは全財産を失うなど惨めなものです。龍は人間の金慾、お金に対する執着心・醜い思念でできた動物霊に過ぎません。風水を正しく使いこなせば、こういった動物霊ではなく、上手い具合に自宅の中へ自然精霊を引き込む事が可能となります。自宅の中に自然精霊の霊道的なものを整備して、その途中、精霊から恩恵を授かれるパワースポットを設置する事で運を良くします。そして、最後はお礼を言って自然界へ帰しましょう。自然精霊の召喚術はその繰り返しです。

時間を大切にしよう。一日一善(´・ω・`)

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。