人工精霊で快適な睡眠効果を得る方法について

悪夢を退散して毎日楽しい夢ばかりを見る

人工精霊の育成が順調に進むと、代替守護霊として創造主の人間を守る事のみならず、お願い事も聞いて叶えてくれるようにもなります。いちおう、これが一般的に認識されている人工精霊・タルパの開運効果です。しかし、人工精霊にしろタルパにしろ、多くの術者が見落としがちな点として、就寝時における人工精霊との付き合い方です。実は、依り代となるパワーストーンを枕元に置いて寝ると、快適な睡眠効果が得られるようにもなります。具体的には、睡眠中によくありがちな金縛りの防止や、悪夢の退散に効果があるようです。実際、私が人工精霊を作り始めてから、悪い夢にうなされる事はなくなりました。眠りに就けば、ほぼ毎日楽しい夢ばかり見ています。やっぱり、就寝中はわりと霊的に無防備な状態になりがちです。人によっては幽体離脱もしやすく危険な時間帯でもあります。睡眠は本来、その日一日の疲れを癒して翌日の活動に備えるものですが…どうしても、悪霊や怨霊などがちょっかいを出しにやって来たりもします。人工精霊はそれを追い払って睡眠中のあなたの体を守ってくれます。そして、当然ではありますが、人工精霊は夢の中にも登場して来たりします。夢の中の人工精霊は、現実空間での精霊体とは違い、触覚や体温、呼吸などが普通の人間や動物のようリアルにあり、摘まんで持ち上げたり、腕の中で抱っこする事ができます。私の場合、依り代に閉じ込めたりせず、24時間好きなだけ家の中を自由に行動させているので、夢の中のみならず、布団の上に乗っかて来たり、中に潜って来たりします。就寝中、くすぐったく感じて目を覚ます事がありますが不快ではありません。イヤだと言う人は、依り代の中に戻す習慣を設定しましょう。

夢占いのポジティブ・シンボルを勝手に引き寄せ

私は人工精霊のみならず夢占いにも相当はまっています。夢占いは人工精霊の召喚術以上に大変奥の深い世界となっています。夢占いの世界も流派的な分派がいくつか存在していますが、自分の場合は「眠り男の夢占い」が高い確度と言いますか精度があるように思えます。なので、同サイトを運営する梶原まさゆめ氏の書籍を枕元に常備しています。朝、起きたら就寝中に見た夢を毎日必ず診断しています。睡眠という…いわば、死んでいるも同然の状態を現世の中で1/4も費やすわけですから侮れません。ただ眠って過ごしているだけでは時間が勿体ないです。どうせ眠らなければいけないなら、有意義かつ効率的に睡眠をとりたいものです。惰眠をむさぼるようにダラダラなんてもっての外です。また、別の投稿記事にも書いた事ですが、思考だけでは開運に繋がりません。やはり、開運には思考と思考の隙間から突如して沸き起こるインスピレーションや直感が必要不可欠です。そんな、潜在意識の中を漂うヒントを獲得する事のできる機会が多いのは睡眠中です。ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹博士は就寝中に見た夢をヒントに画期的な理論を完成させました。シュールレアリズムの巨匠として知られるスペインの芸術家であるサルバドール・ダリは夢を積極活動する形で精力的な作品制作に励みました。私も夢占いにとどまらず、何か開運に繋がるヒントや、人生で役に立ちそうなアイディアが隠れていないか見直しています。そのためには、睡眠中における潜在意識を良質な状態に保つ必要があります。人工精霊の依り代を枕元にでも置いて眠ると、悪夢を退散させ、夢占いのポジティブ・シンボルを引き寄せ、開運に繋がるヒントを見せてくれるようになるかもしれません。

就寝中に見た夢の内容から霊感チェック

簡単な霊感チェックの方法として…目を瞑って、自宅の玄関から順番に家中の窓を開けて行く事を想像します。すべての窓を開けたら、今度は逆に窓を閉めて行き、玄関へ戻ります。その過程で、自宅の中で誰か(動物も含め)とすれ違ったり出会ったら、霊感のある人だと言われています。これはテレビや雑誌などで紹介され、広く知られた方法なのでご存知の方も多いかと思います。いきなりネタバレするようなので、知らなかった人はごめんなさい。目的を知らないでやるのと、知った上でやるとでは大きく違います。霊感チェックとしては最適な方法だと思いますが、二度目以降は当てにならなくなると思います。でも、これと似たような感じで、何度でも繰り返しできる方法があります。やろうと思ってもできるものではありませんが、就寝時の夢の中で、自宅の中で過ごしている夢を見た際、家族や親類、友人や知人、ペット等、自分が知っている者以外で、身に覚えがないにも関わず妙に気になる者が登場したら、やはり、霊感はあると思います。と言いますか、実際、その存在が自宅に憑いている場合もあります。ポイントは、リアルで現実味があり一人(または一匹)だった場合です。自宅で群衆にも揉まれたり、複数の人が往来する夢を見ても、単に、通勤通学のラッシュ時の駅や電車の中など、普段の日常生活で繰り返し体験する出来事とオーバーラップしているだけに過ぎません。大半は浮遊霊の類で、たまたま夢の中でその姿を目撃しただけです。一時的なもので恐れる必要はありません。良い感じのする者で、繰り返し夢の中で登場するなら家の守り神や座敷わらしの類かもしれません。そうでないなら、明日から部屋の換気と掃除を徹底しましょう。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。