霊道と気脈の違いから自然精霊の発生原理について

(´・ω・`)

おはこんばんちわ、渡です。

霊の通り道、霊道と言うと…多くの人は、地表付近にできるチューブ状の形をした通り道のようなものを思い浮べると思います。実際、そんな感じのものと思って頂いて良いでしょう。

イメージ的には間違っていません。長いトンネルのような道です。

うむ、その他、気脈と言うものがある。

大気中の気は、自然界であれば山脈の稜線や尾根、河川、地下水脈、人工物であれば道路、鉄道、電線、運河などの付近に集まりやすく、それらに沿って流れている。

これが気脈と呼ばれるものだ。チューブ状と言うよりは、一本にまとまった流れだな。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

次に霊道と気脈の違いについてですが…

霊道は一方通行なのに対して、気脈は両方向に流れています。また、霊道は基本、成仏したい人の専用であるに対して、気脈は現世の人々のさまざまな念を含んだ気で充満しています。

当然、気脈には浮遊霊や生霊、動物霊も多く集まっています。

うむ、だが、気脈の中から自然精霊も生まれている。

世の中には良い人もいれば悪い人もいる。良い人たち由来の念が共鳴して集まったできたものが自然精霊だ。悪い人たち由来の念が共鳴すると動物霊が生まれる。

動物霊は何も動物の死霊体に限らない。人間の悪い感情から生まれる動物霊もいる。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

うむ、気脈には良いもんと悪いもんが混在して流れている。

ちょっと話は逸れるが、風水を一口で説明するなら、気脈の中から良いもんだけを取り出して、それを使って運を良くしようと言うものです。

だから、風水は一歩やり方を間違えると、悪いもんがドンドン引き寄せられます。

うむ、実はリスクの高い開運メソッドだったりするんだな。

テレビや雑誌の内容を間に受けて、ホイホイ気軽に見よう見真似で実践するもんじゃない。一般的な風水は気を主体としたもので、念まで考慮されていない。

そこが風水の落とし穴だ。心霊風水は気の中に含まれる念まで考慮したものだ。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

一般的な風水では、良い気=陽の気と思われがちだが…

それは違うぞ。心霊風水では「良い気=良い念を含んだ気」だ。そもそも、風水における陰陽の思想は、どっちが良くてどっちが悪いと説いたものではない。

陰陽二つの気を何通りも組み合わせ、万物の起源や世界の仕組みを表現したものに過ぎん。

うむ、例えば、人間の性別を男性は陽、女性を陰と言った感じに分類している。

生物学的に男性が良くて女性が悪い…そんなバカな話ないだろう。だから、陰陽どっちも必要不可欠な概念で、血液で言えば赤血球と白血球みたいな関係だ。

陰の気ガーと言う人がいるが、それは風水ではなく風水もどきだ。注意しよう。

(・-・。)
A子
(´・ω・`)

現代では、インターネット上にも気脈が流れています。

電子データとして言霊だってあります。それらが共鳴して、時にとてつもない怪物をネット上に作り上げたりします。そう言ったものには、下手に近づかないに限ります。

人間として正しい心構えでいれば、あなたの元に幸運の自然精霊がやって来ます。

運の光は2019年秋にリニューアルしました(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。