瞑想の向こうに繋がる精神世界

瞑想瞑想お前もくどい…きっと、そう思っている人は多いことでしょう。しかし、精神世界へトリップできる最適な方法は瞑想をおいて他にありません。タルパーのダイブや、異世界を垣間見ることができると言われている「タットワの技法」なんて、言ってしまえば、瞑想の一形態、瞑想の派生技とも言えなくもありません。タットワに挑戦した人の多くは、余計な事は考えず、図形に意識を集中させていたものと思います。そして、まったく予想だにしていなかったものが見え、その光景に驚愕したと思います。
瞑想と言うと、ただ何も考えないでいるものと思われがちですが、逆に、特定の物事に対して意識を極限状態まで集中させ、感覚を鋭敏化させる事ができるようにもなるのです。人工精霊やタルパの視覚化がまさにそうですし、精神世界への第一歩は瞑想から始めるのが一番手っ取り早いと思います。瞑想で無心になる鍛錬をした後、特定の事柄だけに意識を集中させる訓練に移行して、人工精霊やタルパの視覚化に挑戦すれば良いのです。いきなり挑戦するよりも、瞑想を完全にマスターしてから始める方が、視覚化の成功率は格段に上がると思います。
現代では形式的な作法と化していますが、多くの宗教で瞑想や黙祷を活用しているのは、神との対話を求めていたからだと思います。それが、もっとも突出化させたものがチベット密教のタルパだったと言うだけの話です。道は違えど求める理が同じように、歴史的な経緯の違いや程度の差こそあれど、何らかの形で神と対話したいと言う欲求が違うと言う事はないように思います。傲慢な話かもしれません。でも、心の片隅でそんな小さな罪悪感を秘めつつ、人工精霊・タルパに挑戦すれば良いとも思います。これに深く悩む必要もないでしょう。

by 空飛ぶ日本蕎麦・妖怪教

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、すべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。また、現実と妄想の区別がつかない方の閲覧はお控えください。

日頃から検索エンジンを活用して情報を探す習慣を身に付けましょう。