人工精霊を作るために必要な材料と方法

人工精霊がどう言った代物なのか大体わかった…では、具体的にどうやって作るの?となると、ほとんどの人は、アニメやゲームなどの影響から、錬金術に見るようなホムンクルスの合成方法を思い浮べるかもしれません。人工精霊はあくまでも霊体ですので、精霊体そのものを作る上で物質としての材料は不要です。また、魔術のように決められた呪文や規約のようなものは存在しません。必要なものはただ一つ。人工精霊を憑依させる依り代と呼ばれる器だけです。神社の御神木や神鏡のように御神体となるものを事前に用意しておきます。
人工精霊の依り代として最適なものはパワーストーンです。パワーストーンにもいろいろ種類がありますが、おすすめは普通の透明な水晶です。水晶はあらゆる運気に対応した万能石だからです。パワーストーン初心者でも選択に間違うことはないでしょう。形状にもいろいろありますが、球体か勾玉が無難でしょう。人工精霊を憑依させたお守りとして持ち歩く事を想定しておりますので、大きさは数cm程度のもので十分です。パワーストーンを購入するにあたり、値段は高かろうが安かろうが関係ありません。安いものでも構いません。
依り代の準備ができたら、いよいよ人工精霊の作成開始です。作成と言うと、何だか、子供の図画工作のような感じがしますので…以降、召喚と呼ぶことにします。気分的な問題も、人工精霊を作る上で成否が大きく分かれる決定要素となります。人工精霊を召喚するための手順自体はかんたんです。精神を極限状態まで集中させ、依り代に向かい、自分が欲しいと思う姿をした人工精霊のイメージを念じ続けます。すると、本当にその姿をした人工精霊が依り代に宿ります。これだけです。故に、人工精霊は生霊の発生原理を応用したものと言えます。

by 空飛ぶ日本蕎麦・妖怪教

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、すべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。また、現実と妄想の区別がつかない方の閲覧はお控えください。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめを活用して下さい。