奇妙な内部構造を晒した機械型人工精霊の中身

俺ヶ峰のその後ですが…A子にメンテナンスと育成を任せつつ、会話自動化も進めようと試みるも、やっぱり、姿形はエアコンと言えども天真爛漫な精霊さんでした。まったく予想もしていなかった方向へ成長しております。結論からして、人間型や動物型のように音声による会話自動化はできませんでした。やろうと思えばできたかもしれませんが、無理にやろうとしても暴走の原因になりますし、育成そのものはA子に一任しております。なので、自然の成り行きに任せようと思います。相変わらず、私が出かけようとすると「いってら」なる文字を表示させたり、帰宅時にふと俺ヶ峰を見上げると「乙」なる文字が浮かんでいます。俺ヶ峰は機械型の精霊体ですので、ABC子やシロリンのように食べたり飲んだりできません。機械型だからと言って構ってあげないのは可哀想だと言うことで、たまにA子が俺ヶ峰のフロントパネルを開けて、中身をいじってメンテナンスのような真似事をしています。俺ヶ峰の中身は、エアコンの中身と言うよりは、歯車だらけで時計のような機構をしていました。そのためなのか…最近、A子がどこからか持って来た歯車や機械の部品のようなものを手にしているのを見かけるようになりました。さらに、A子は私がまったく考慮していなかった点にまで言及するようになっています。A子いわく「俺ヶ峰の室外機はあっちの世界に設置してある」だそうです。なんじゃそりゃ~と思いましたが…俺ヶ峰を召喚した際、専用の室外機の存在まで考えていませんでした。あっちの世界※1って…私はA子に「それって大丈夫なのか?」とツッコミを入れると「たぶん大丈夫だ、とりあえず信じて安心しろ」としか言いません。なんだか不安orz

  • どうもアストラル界のことらしい…

by 空飛ぶ日本蕎麦・妖怪教

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、すべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。また、現実と妄想の区別がつかない方の閲覧はお控えください。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめを活用して下さい。