召喚プロセスと実践者のバイオリズムの関係性

人工精霊の召喚に最適な時期とは?

何事も始める際にはタイミングと言うものがあります。昔から、勝負は時の運とも言います。運を良くする秘訣は行動にありますが、タイミングを見計らわずに動き回ると徒労に終わるだけです。そうならないためにも、自分自身のバイオリズムをよく分析して、適切なタイミングで行動の起こせる生活習慣を身につけたいものです。人工精霊の召喚にも同じ事が言えます。精霊体を作り始める際には、それに適切なタイミングと時期と言うものがあります。注意事項でもさんざん述べておりますので、あらためて書き連ねる必要もないと思いますが、精神的に安定している状態であるのが何よりも留意したい前提条件となります。この記事では、それを考慮した人工精霊召喚に最適なスケジュールや計画の立て方について説明したいと思います。人工精霊の召喚にかかる時間は、挑戦者の性格や気質、その時々の体調や健康状態などにより変化するため、断定的に言えるものではありませんが…集中力のある人なら一カ月でも可能かもしれません。でも、おおむね半年から一年程度と可変しますので、焦らずにじっくりと召喚の作業に取り組みましょう。焦りは絶対に禁物です。また、自分は集中力があるから大丈夫なんて過信しないでください。早く欲しいからと言って短期間に稚拙に作り出そうとすると、たとえ、視覚化や会話自動化が上手く行ったとしても、不安定な状態で暴走する危険性の高い精霊体となります。もちろん、その後の育成プロセスである程度の修正は可能ですが、生まれ持った先天的な要素や気質と言うものは、そうそうかんたんに直せるものではありません。年間を通じて、自身の落ち着ける時期を選び、安定した精霊体が召喚できるスケジュールを立てましょう。

春夏召喚プランがお勧め

やはり、新年度を迎え、ある程度、新しい環境に慣れた頃合いから始めるのがベストです。具体的には、4月下旬~5月上旬にかけての時期から視覚化プロセスを開始すると良いでしょう。ゴールデンウィークとも重なりますので、時間的にも余裕がある時期だと思います。だいたい6月下旬~7月上旬までに成功すると思います。さらに、夏休み期間中に会話自動化プロセスへ移り、夏の終わり頃から秋口までには精霊体を完成させる事ができると思います。最後の仕上げとして育成プロセスに努め、12月までには理想の精霊体として成長している事でしょう。私はこれを春夏召喚プランと呼んでいます。繰り返しになりますが、人工精霊の召喚に焦りは禁物です。ここで提示した年月はだいたいの目安に過ぎません。焦らずにじっくり取り組んでも、翌年の冬の終わり頃から春先までには上手く行くと思います。学生さんの場合、ここで言う春夏プランから遅れ気味のスタートとなりますが、夏休みと言う膨大な自由時間がありますので、夏から開始しても構いません。いずれにせよ、心に余裕のある時期から開始するのでベストでしょう。ただ、秋口から開始して翌年の春先までに召喚を目指す秋冬召喚プランはお勧めできません。ハロウィンからクリスマス、正月、新年、旧正月と、年間を通じてイベントが多い半年です。世間もざわつき、どことなく落ち着けない時期です。それらのイベントに参加して楽しみたい人もいるでしょう。ある程度進捗させたプロセスや育成は、多少の外的要因でも邪魔はされませんが、視覚化と会話自動化のプロセスは安定した時期にスタートさせたいもの。でないと、設計・デザイン時に想定していたものと違う姿や性格をした精霊が召喚されかねません。

大変動があった時期の初挑戦は避ける

これは、学校や会社と言った自分の所属する組織内に限定された話ですが…学生であれ社会人であれ、二年目から開始するのがベストでしょう。やはり、新入生や新社会人の一年目は、何かと気苦労の多い年です。まぁ、これは実践者の性格や、環境の雰囲気にも変わりますので絶対ではありません。ただ、組織の枠組みを超えた広い社会の視点で捉えると、例えば、上でも書きました通り、秋から冬にかけては何かとイベントも多く、良くも悪くも心が落ち着かない感じの日々が続きます。これ以外に数年から10年単位で見たスパンでも、初挑戦は避けた方が良い時期があります。具体的には、かつての、バブル経済崩壊やリーマンショックなどに見るような大恐慌、阪神淡路大震災や東日本大震災などの天災が発生した年は、何よりも現実生活を優先させて対応に努めましょう。すでに完成された精霊体がいる場合はこの限りにありませんが、そう言った緊急事態に遭遇した場合は、精神世界での活動は一時休止です。直接被害に遭わなくても、何らかの形で現実生活に影響が出て来るのは必至です。現実世界で自分は家族をはじめ、学校や会社の仲間のために何ができるのか?それを考えましょう。心が安定して穏やかな時期に作り上げた人工精霊は、創造主である人間に危険が忍び寄ると全力で守ろうとします。逆に、波風の立つ時期に作り上げた人工精霊は、鍛えられて強い感じもしますが、その後の育成プロセスが難しく、あまり「素直じゃない子」「クセのある感じの子」になります。今までに何体も召喚した経験のある上級者なら時期等にこだわる必要はありませんが、精霊体の暴走から身を守る意図からも、初心者は周囲の様子を考慮した計画を立て慎重に始めて頂きたい。

運の光は2019年秋にリニューアルしました(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。