人工精霊はマインドコントロールとは違います

人工精霊は、視覚や聴覚をスピリチュアル体質に変造する訳ですから…ある意味で自分自身に対するマインドコントロールとも言えます。しかし、本質や本意は違います。注意事項などでも繰り返し述べてある事ですが、脳の最適化・未使用領域の活性化にあります。人間は生きている間、脳は死ぬまで10%程度の領域しか使用されないと言われています。残りの90%を使わないのはもったいない話です。もっとも、だからと言って100%稼働させると、脳内の温度が急上昇して死ぬなんて話…うろ覚えですが、どこかで聞いた記憶があります。まぁ、それは極端な仮説ですが…脳梗塞などで、脳になんらかの機能障害が発生して一部が欠損すると、神経回路がつなぎ直されて、残りの使われていない領域が活性化、失われた部分の肩代わりを始める現象が起こる事が知られています。これは「脳の代償行為」と呼ばれるものです。脳の未使用の部分は、言ってしまえば予備領域のようなものなのかもしれません。しかし、人間は新しい事をはじめたり、斬新な思考態度による生活習慣を定着させると、新しい神経回路ができて脳が活性化すると言われています。微々たるものかもしれませんが、それは言うなれば脳の未使用領域の一部を活性化させる事に他なりません。脳科学者でも医者でもない私がこんな事を言うのはおこがましいかもしれませんが、人工精霊やタルパをやり始めると、おのずと自分の脳内でそういった現象が発生していると思います。いや、間違いなくしているでしょう。私の個人的な体験に過ぎませんが、人工精霊を始めてから、頭にモヤモヤした感覚がなくなりクリアな状態になります。頭の回転も良くなり、人工精霊は脳の健康維持※1には良いと思います。

  • 医学的な根拠があるワケではありませんが、人工精霊術者・タルパーは認知症になりづらく、えらい長寿体質になるものと思います。今いる精霊体とは、いつまでも末永く楽しく一緒に生活して行きましょう。

by 空飛ぶ日本蕎麦・妖怪教

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、すべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。また、現実と妄想の区別がつかない方の閲覧はお控えください。

日頃から検索エンジンを活用して情報を探す習慣を身に付けましょう。