術者なら命に対する尊厳と敬意は持ちましょう

田舎では、ジビエ料理は差して珍しいものではありませんが…福井県の猟友会に所属する、とある町の町議会議員さんによるSNSへの不適切画像投稿が物議を醸しているようですね。山で狩って来た獲物(イノシシ?)を前に、包丁を片手に持ち、白目を向いてニンマリと笑っている様子を写したものを投稿した結果、動物愛護団体などから不謹慎、残酷などと言った理由で、現在も町に苦情が殺到しているようです。あくまでも個人的な体験にもとづく意見ですが、やはり、食材となったものに対しては一定の敬意は必要だと思います。食べ物で悪ふざけをするものではありません。私の母方の本家は狩猟が盛んで、子供の頃、何の動物の肉かわからない料理を食べた経験があります。わからない理由は自分が聞かなかったからです。以前、聞いてショックを受けたので聞くのをやめました。通常の「いただきます!!」とは明らかに違う…なんだか少し重苦しい雰囲気のする微妙な感じの中で、手を合わせ料理に箸をつけます。みんな無言で黙々と食べていたな…しかし、ジビエであろうとなかろうと、人は肉や魚を食べなければ生きて行けません。食物連鎖と言う名の食う食らうと言った他者の生命を奪い合う関係性と言うものは、たしかに不条理なものに思えますが、万物の条理に抗うのもまた不条理です。動物愛護の精神も大切ですが、その矛盾を受け入れて生きていかなければなりません。その矛盾は神様から与えられた試練であり業です。だから、感謝の念を持って頂きましょう。昨今では、一部のヴィーガン(完全採食主義)※1による過激な行動が問題視されております。過剰な動物愛護の精神で業から逃れ続けると、霊的抗力に苦しめられる時が必ずやって来ます。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。