世界最大サイズの人工精霊はどんなものか!?

もやしもんの微生物キャラを同時複数視覚化、ファンネルのように一斉召喚させたいんですが…技の開発が思うように進展せず、スランプの状態が続いております。まぁ、力を入れも仕方がないので、ゆっくりまったりと地道に続けて行こうと思います。それよりも、逆に世界最大サイズの人工精霊はどんなものになるのか…瞑想中、ふとそんな考えが頭の中をよぎったので、その時の着想を今後の研究開発のため書き残しておこうと思います。この界隈は奇人変人で満ち溢れていますが、さすがに、海辺でゴジラ型の超巨大タルパの召喚に挑戦する人はいないでしょう。また、精霊体のサイズは大きくなるに従い、それ相応の集中力と精神力も必要になって来ます。召喚可能な最大サイズの上限は、ライオンやクマ、トトロくらいまでが限界になると思います。日々、ネット上で様々な人工精霊術者・タルパーの精霊体を拝見させて頂いておりますが…どの方も、同じ屋根の下で一緒に生活する前提でデザイン・設計がされていますので、現実の日常生活に支障が出ない常識的なサイズとなっております。私の精霊体も身長80~90㎝の座敷童っぽい感じのする人間型三体と、横幅70cmのエアコンの姿をした機械型一台です。常識はずれな大きさともなると、数百人~数千人規模の人間の思念を源泉としたものが必要になると思います。具体的には、当サイトの提唱するUFO※1の発現原理により召喚されるものになると思います。オカルト界隈の中でUFO・宇宙人界隈が一番厚みのある層、人口が圧倒的に多い界隈ですからね。人工精霊・タルパ・IF界隈を1とするとUFO界隈は100どころか1000でしょう。現時点では、惑星ニビル※2が世界最大サイズの精霊体になると思います。

  • 未来人のタイムマシン説や未確認生命体説(クリッター説)などいろいろあります。当サイトでは、UFOは地球外生命体の乗り物ではなく、それを信じている人達の思念が共鳴した結果、無自覚に発現している生霊的な存在、人工精霊の一種と考えております。
  • 地球の4~5倍の大きさになると言われています。NASAや国立天文台ですら観測できないものを、あると主張する方がいるのですから、そうなんだろうと思います。人工精霊やタルパと言うよりは、上位概念としてのナフラへ近い感じになって行くものと思われます。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。