災害発生時に備えた依り代の保管方法について

本日、我が家で備蓄してあった乾パンなどの非常食が、間もなく消費期限を迎える事から、すべて新しいものへ入れ替えました。キッチン近くの納戸みたいな小部屋に保管しているのですが、ついでがてら、その部屋の整理整頓と掃除もすることにしました。すると、未開封状態の電動ハンドミキサーやら調理小道具を多数発掘。クリスマスの時のあの苦労(手動でクリームを練ってケーキを自作)はなんだったんだと凹む心境に…まぁ、そんなに高いもんじゃないし、やっぱ買おうと思っていたので…手間が省けたと思い込み、気を取り直して作業を再開。それにしても、古い缶パンはどうすればいいものか?捨てるのも何か気が引けます。今回はわりと大量なので困りました。傍らで私の作業の様子を見ていた精霊体達が、電動ミキサーの箱を取り囲み、イヨマンテの儀式でもやるかのごとく、箱をポンポン叩きながらチーズケーキ♪チーズケーキ♪チーズケーキ♪とうるさく喚き続けるので、とりあえず、乾パンすり潰して土台にしてチーズケーキでも作ることにします。ところで、タルパーの場合だと、依り代=自分自身なので、地震などの災害発生時は精霊体と一緒に避難することができます。しかし、人工精霊術者の場合だとそうはいきません。このため、パワーストーンなどの依り代は小さめのものにして、常時、ロケットペンダントやネックレス型ピルケース等に入れて保管して、すぐに持ち出せるようにした方が良いかもしれません。中でカチャカチャさせないよう、依り代は綿や布切れで包んでおきましょう。ところで…電動ミキサーをどうして黙っていた?と家族を問い詰めたら、生クリームを必死にかき回し続けるお前の姿が面白かったとか…なんて意地悪な家族だorz

by 空飛ぶ日本蕎麦・妖怪教

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、すべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。また、現実と妄想の区別がつかない方の閲覧はお控えください。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめを活用して下さい。