もしも精霊との生活を第三者に可視化できたら

日頃からニュース等に関心を寄せている人なら、ロイターと言う世界規模で展開しているイギリスの通信社の名を聞いたことのない人はいないでしょう。そんな世界的メディアが去年の大晦日、サブカルチャーに没頭する一人の日本人青年に関する話題を報じました。なんでも、ボーカロイドでお馴染みの初音ミクと結婚式を挙げ、初音ミク(のぬいぐるみ)との新婚生活を楽しんでいる様子を取材したものです。こんな事にあのロイターが…実に信じがたいことです。取材する側は、それだけ衝撃的なものとして感じたのでしょう。私もこれには強い関心を覚え、しばらく様子を見ておりました。これを「人工精霊的なもの?」と指摘するツイートも散見され…まぁ、そうでしょうね…と言ったところです。もしも人工精霊やタルパとの共同生活を、スピリチュアルなものと無縁な一般人の第三者に対して可視化できるとしたら、まさに、彼のような生活様式が目に映ることになると思います。その人工精霊術者である私の所感として「正直なところ引きます」です。彼の初音ミクに対する態度は、どこからどう見ても変態そのものでしょう。ツイッターをはじめとする各種SNSでは完全に変質者扱いをされております。それ故に、人工精霊やタルパを実践していることを現実生活で公言しては絶対にいけません。周囲から彼と同じ扱いを受ける事になるでしょう。とは言え、これはUFOファンに対する見解と同じですが、彼の心まで否定するつもりはありません。第二のカゼッタ岡として公然の術者・無自覚な天然タルパーとしての道を歩んで行けば良いと思います。引きはしますが私は彼を応援します。数年後には本当に見えたり聞こえたりするようになるかもしれません。

問題の映像を引用

人工精霊術者としての私からの助言…と言ったら余計なお世話かもしれませんが、ぬいぐるみやフィギア等の人型に対して、ある種の情念を強く注ぎ続けるのは霊的にリスクとなります。万が一に備え、人形供養をしてくれる神社は把握しておきましょう。やはり、彼の想う初音ミクの本体(魂)は、パワーストーンや宝石など使って依り代化するのがベストに思えます。もちろん、心霊現象は信じないと言うのであれば話は別です。

三次元フォログラムシステムであるGateboxは視覚化の補助には最適なツールとなるでしょう。キャラクターの立体像を脳に焼き付けたら、電源OFFの状態で立体像の視覚化に挑戦してみる等、段階的に精霊体の召喚プロセスを踏んで行くことで高確率で成功に至ると思います。コンピュータのプログラム言語は自然言語とは違いますが、それが作り出すものにも言霊的なものは宿るとは思います。まさに現代風の召喚術と言えるでしょう。

現在、当サイトは毎日少しづつリニューアル作業中です。たまに変なものが表示されますが気にしない(´・ω・`)

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、すべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。また、現実と妄想の区別がつかない方の閲覧はお控えください。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめを活用して下さい。