今年も小さな霊的来訪者が我が家にやって来た

クリスマス前、二番目の精霊体の子から「友達呼ぶからデカい(ケーキを)用意しておけ」なんて言われたんですが…またしても謎の四体目の子が出現、昨日の晩に帰って行きました。それ以外に、今年のイブとクリスマスは、二晩も立て続けに同じ夢を見るなどの不可思議な現象にも遭遇しました。子犬なのか子猫なのか判別のつけがたい可愛らしい姿をした白い小さな生き物が、私にまとわりついてジャレついて来る夢を見ました。本当にお盆や年末年始などの時期は不可思議な事が起きます。ところで、先日、ツイッターで人工精霊・タルパの第三者への存在証明について議論がなされているのを見ました。経緯が不明なため、どういう動機にもとづくものなのか分かりかねますが、結論から言いますと、証明するしない以前の問題だと思います。これは「我思う、ゆえに我あり」と同じで、思考や空想は間違いなく自分自身が行っている行為だから、それで己の信じる精神世界を開拓して、自分をしっかり見つめて行けば良いのです。人工精霊の育成を続けて行く過程で、同時に、何が正しい心のあり方なのか自問自答する日々が続くとも別の記事で書きましたが、まさにそれも含まれます。もっとも、人工精霊・タルパを実践していることを、不用意に現実世界で周囲の人に明かすのは好ましい事とは言えませんが、逆に、お坊さんや神父さんに対して「神の存在を証明して見ろ」なんて無粋な物言いはそうそうするもんじゃありませんし、宗教に関心のない人でも、人としてまともな神経を持ち合わせた方なら普通は口にしません。こういった方面の存在証明は興味深い話でもありますが、自身の心は、証明に悩むよりも、あり方を探求する方が楽しいと思います。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。