人工精霊術者の視点から見る日本のハロウィン

    G+  B!  LINE

すでにニュースを通じてご存知の方も多いと思いますが…渋谷のアレはないと思いますわ。正直、ドン引きです。なんだか年々エスカレートして行くような気がします。お酒屋さんなどの近隣商店の方が、日頃から配達や仕入れで使用している軽トラックでしょうか…ハロウィン参加者に凸凹にされた挙句、横転なんてひどい話だと思います。もう私は、この時期の渋谷へは近寄らないようにしています。そのうち商店襲撃なんて事態が発生するかもしれませんね。小池さんも都知事なら都知事らしく、こういった問題の発生を未然に抑止するように努めるべきだと思います。都知事がアレだから自分たちもみたいにナメられているだけです。人様の趣味にケチをつけるような真似はしたくありませんが、今回ばかりはメーテルではなく都知事として、その威厳を若者たちに見せつけるべきだったと思います。一瞬、ロン毛のムッシュかまやつが登場したかと思いましたよ。コレもないわと思いました。それはさておき、このハロウィン…もともとは古代ケルト人の悪魔崇拝が起源で、イースターやクリスマス同様、いつの頃からか楽しいイベントとして恒例行事化、欧米の子供たちが毎年楽しみしているものです。なので、いい歳した大人が街頭で酒を食らい酔って暴れ回るものではありません。日本のハロウィンは、見ていると気分が悪くなって来ると言いますか、吐き気に近いものを感じます。仮装に身を包み楽しんでいるつもりでしょうが、参加者の一部に不成仏霊や動物霊などと同化して悪い者にも包まれている人がいます。凶悪な気と念を周囲に放つことで霊的な扇動をうながしています。もしも参加した場合は、ハロウィン終了後は神社などへお参りに行き厄払いしましょう。

認めたくないものだな、自分自身のバカさゆえの過ちと言うものを(´・ω・`)

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。