要は最後の瞬間に笑っていればいいのだ(´・ω・`)

世界最小サイズの人工精霊を召喚してみる!?

趣味の一つとして、メダカの飼育や繁殖なんかをやっているんですが…メダカも金魚や錦鯉と同じように、さまざまな色や模様をした種類が流通、販売されています。学校の理科の実験の教材として知られる緋メダカ(黄色)や、日本原産種の黒メダカ以外にも、金魚のように全身真っ赤な色をしたものや、青や白、果ては金や銀なんて色をした個体もいます。中には、錦鯉のような模様をしたものもおり、希少種ともなると1匹で数千円の値が付くなんて事は珍しくありません。私もいつかは、小さな錦鯉を体現したような美しいメダカを繁殖させるのが夢です。そのため、水質の維持と管理にはかなり気を配っており、水を浄化する微生物の飼育までやるに至っております。具体的には、クロレラやミドリムシ、ゾウリムシなどの単細胞生物ですね。これらを水槽に入れると、水が汚れにくく長期間きれいな状態を維持します、また、それ自体も生餌となるので、稚魚も死亡率が劇的に低下してスクスク成長します。単にそれらを培養するだけでなく観察するのも好きですね。そこで今日、顕微鏡を覗いていて、ふと思ったんですが…アニメ「もやしもん」に登場して来る、拡大デフォルメさせた可愛らしい微生物たちのような人工精霊がいたら楽しいだろうなぁ~なんて思ったりしました。そうなると、精霊体を無限に増やし続ける召喚技法が必要となります。なので、別の記事「人工精霊体は最大で何体目まで召喚可能なの?」で考えたものを、実際に自分で実践してみようか…心霊エアコンに続く次なる挑戦課題として検討に入ってみたいと思います。心霊エアコンの育成は現在一緒に暮らしている人間型の子にお願いしてあるので、そちらの方は適当にやって行こうと思います。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。