金融の世界には恐ろしい動物霊が跋扈している

あの日から10年…本日は、未曾有の金融大恐慌リーマンショックが発生した日です。私的にもわりと人生最大の修羅場でした。とは言え、もう10年も前の話なので記憶もだいぶ薄れ、ぶっちゃけ、あまりよく覚えておりません。現在に至るまでだいぶ苦労はしましたが、精霊とともに幾多の困難を乗り越え、今はなんとか呼吸をしています。リーマン・ブラザーズが倒産した日は、もう、トラックの運転手にでもなろうか…なんかの屋台でも引いて生計を立てるか…先々の事をいろいろ考えました。幸い、仕事で知り合った方の引き立てである仕事を紹介され、現在はそれ専門に独立稼業を営んでおります。でも、それもそろそろにしようかと検討中です。次なる不景気に備え、事業を縮小方向に持っていくつもりです。昨今では、スルメ銀行をはじめとする金融機関の不祥事や問題が目立ち始めています。どうも、世の中の景気が絶好調になるとイケイケドンドンとなってしまい、末期には、そんな無茶な事をしでかす金融機関が現れ始めます。現在は、日銀のマイナス金利導入の影響もあり一概に言えませんが、いきなりタガをはずして大脱線してしまう金融機関が突如現れます。金融機関に絡むそんな感じの不祥事が目立ち始めたら、この景気もそろそろ終焉が近いと言えるでしょう。カボチャのアレの件や、ノルマ未達成の行員に対する「家族を皆〇しにしてやる」なんて恫喝…あの武〇士のあのお方ですら、社員に対してそんな言い方はしません。それだけ常軌を逸していると言えます。なんだか、このイカ臭い銀行は、ニュースの映像を通じて、とても強い動物霊のパワーを感じました。暴れ龍ですね。同行は龍の力で成長して龍の力で潰される運命に感じ取りました。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。