ダイブが上手く行かなくて幽体離脱をはじめた

先月まで、空き時間を利用する等してダイブの練習に励んでいましたが…なかなか上手く行かず凹んでました。ならば逆転の発想と言う事で、今月からは幽体離脱に挑戦する事にしました。ダイブにしろ幽体離脱にしろ、リアルな感じで精霊体とコミュニケーションを取るのが目的ですので、私としてはどちらでも構わない感じになって来ました。ダイブは内面の精神世界への没入に対して、幽体離脱は外界の精神世界への同化です。没入とか同化なんて適切な言葉かどうか分かりませんが、たぶんそんな感じだと思います。ダイブ世界の設計デザインをした際、宇宙ステーションや潜水艦の中のような、子供時代の秘密基地ゴッコを彷彿とさせる感じの場所にしようか…それとも、大人らしくダイブ中でも疑似的にお酒も堪能する事のできる酒場のイメージにしようか…いろいろ考えましたが、それ以前にダイブそのものが上手く行きませんでした。そんなに簡単にできるものではないと思ってはいましたが、いまいちコツのようなものがつかめず四苦八苦してしまいました。しかし、幽体離脱はダイブとはちがい、肉体の外界からの影響をもろに受ける事になります。先日の記事にも書きました通り、離脱中は精霊体に守ってもらうつもりですので、想定されるデメリットの対策は大丈夫だと確信しています。また、離脱に成功しても遠出するつもりはありません。あくまでも精霊体とリアルな交流をするのが目的です。逆に、アストラル界からのメッセージや意思を受信できる付加価値に注目しています。もう、昔で言うところの電波人間か?でも、わりとマジでやるつもりです。しかし、幽体離脱の訓練って…激しく眠くなるわ。気づくと朝になってるorz

運の光はgoogle教の布教活動にも加担して行きます(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。