科学は万能じゃない。精神世界にこそ万物の真理があるのです(´・ω・`)

会話自動化で実践的な英会話スキルを習得する

英会話スキルの習得に努力は不要

人工精霊やタルパ、イマジナリーフレンドの実践年齢層は、主に中高生から20代前半くらいまでの学生さんと、圧倒的に若い年齢層の人が多いように見受けられます。社会人は少数派のようですね…それはさておき、学校を卒業して社会に出ると状況は大きく変わります。時間的に余裕のあった緩やかな生活環境から一変、一分一秒刻々と過ぎ去っていく時間が惜しいくらいに感じるタイトな状況になります。自分のために使える時間はかなり限られて来ます。なので、時間的に余裕のある学生時代は有意義に過ごさなければ、社会人になってから必ず後悔する事になります。時間は有限不可逆の限られた資源です。学生は学生ですから資源としての時間を未来の自分のために先行投資して使わなければなりません。そこで、自分の専攻する専門分野の勉学に励むのはもちろんの事、今の時代は英会話のスキルも磨きたいところです。しかし、多くの学生さんは外国語の習得まで気を払えないでいるのが実情です。明確な動機がないとやる気も起きないでしょうし、強い意志がないと長続きもしません。中には、一人だけでやろうとするからダメなんだと思い、高い授業料を払って駅前の英会話教室へ通う人もいます。経済的に余裕があるのであればそうすると良いでしょう。しかし、これもそうは長く続くと思えません。そのうち、なんだか面倒くさくなり教室と疎遠になる人がほとんどでしょう。実際、私の周囲の人がそうでした…と言いますか、私自身がそうでした。大切なことだと頭では理解しているつもりでも気力が持ちませんでした。努力は素晴らしい行いですが、無駄な力の入った努力というものは非効率かつ無意味なものです。絶対に途中で凹み挫折します。

人工精霊の会話自動化で楽しく英会話を学ぶ

これは英会話の学習に限った話ではありませんが、何事も力を入れないでやるのが長続きと成功への道につながるコツだと思います。脱力人生は当サイトの主張するところであり、人工精霊の召喚術における基本思想となるものです。それを人工精霊以外の分野にも応用して活用しましょう。会話自動化プロセスで習得したスキルは、実生活上の多くの分野で活用できるものです。別投稿「人工精霊の力で強迫観念の初期症状を緩和する」でも解説しました通り、精霊体の発する声は術者の言語中枢に深く刻まれる暗示にもなりえます。精霊体の声を設定・デザインする際、神のような声質で知られる声優の家弓家正氏のような感じのものにしたらすごい事になりそうな気がします。きっと、言葉が強烈に脳内で響き渡り、鮮明な記憶として定着する事でしょう。自分が音読した内容を自分の耳に聞かせるマイク付きのヘッドフォンのような感じの英会話教材もあるようですが…何にせよ、文字を目で読むだけでなく音声として再認識すると外国語の学習効果は高まります。なので、英語を一緒に勉強してくれる人工精霊を作るのはどうでしょうか。どんな英会話教材よりも優れたものへと成長する事でしょう。英文を目にした瞬間、傍らでそれを音読してくれる精霊体がいる事で楽しく勉強もできそうです。また、英単語や英熟語なんかも、自分自身が覚えるというよりは精霊体に教えて覚えさせる感じにすると良いでしょう。もう、いっそのこと、そんな感じで英語しか話せない精霊体に育てるのはどうでしょうか。普段の日常生活でも精霊体と意思疎通を取るため英語を使わざるを得なくなります。否が応でも英会話のスキルは伸びと思います。

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。