空気体罰でプレッシャーに強い選手を育成する

    G+  B!  LINE

ボクシングに続き日本体操協会で不祥事が明るみになるなど、東京オリンピックを目前に控え、日本のスポーツ界ではアレやコレや問題が噴出しております。五輪に出場させる選手選定の立場にありながら、その権限をチラつかせて「自分の体操クラブに移籍しないと五輪に出られてなくしてやる」と言ったかどうか知りませんが、どうやらそれっぽいニュアンスで有力選出を脅した日本体操協会のタヌキ憑き役員夫婦の疑惑の行方が注目されます。一方で、上も上なら下も下と言った感じの問題も起きています。練習中におけるコーチの選手に対する体罰です。一部メディアを通じ、体操協会のコーチが選手に対して体罰を加える様子を映した映像が公開され物議を醸しています。プレッシャーに強い選手を育成するためには必要との声から暴力反対までと、世間では賛否両論渦巻いています。あくまでも、私の個人的な意見なんですが…強い選手を育成するためには体罰は致し方ないと考えております。少なくとも、軟弱な心の持ち主が五輪でメダルを獲得するなんて絶対に不可能です。まして、企業からスポンサー料を頂戴して活動するからには結果を出さなければなりません。ただ…今回はやり過ぎな気がします。体罰が原因で選手の身に何かあってもいけません。選手育成のために莫大な資金も投じられているのです。プレッシャーに強い選手を育成したいのなら選手を殴らなくてもいい方法があります。選手の目の前で、コーチが自分で自分を殴り「俺が〇んだらお前のせい」と心理的な圧力をかけるだけで十分でしょう。顔面鼻血だらけで熱心に指導するコーチの姿に心を打たれ…いえ、心を痛め「このままだとコーチが〇んじゃう」と選手は一層練習に励む事でしょう。

神の法理を超越すれば、カボチャなんて力を入れなくても簡単に切れるようになります(´・ω・`)

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。