尊師の祟りとかオカルト研究家として悲しい…

    G+  B!  LINE

先日未明、北海道で発生した大地震ですが…親戚の一人と何とか連絡を取る事ができました。停電と断水は続いているものの、大した被害もなくその他親類も無事との情報を受け、ひとまずは安堵と言ったところです。母方親戚筋の一人が苫小牧と震源近くであったため、母がだいぶ心配をしておりましたが、食器がいくつか落ちて割れた程度だったとのことです。それにしても…今回の大地震で注目すべきは道内全域停電と言う過去前例のない大事態でしょう。これほど広範囲に都市インフラ機能が一瞬で奪われたのは過去に事例がありません。あの東日本大震災ですら地域の全域停電は回避しております。今後は、災害発生時における電力システムの更なる運用改善が大きな課題になると思われます。それはさておき、オカルト研究家の一人として悲しく思う事として、こう言った災害が発生する度、必ずと言って地震兵器や気象兵器などの話を持ち出し、いたずらに不安を煽る者が登場して来る点です。その他、SNS上などで目立つ発言として「尊師の祟り」なるものです。大半は軽い冗談のつもりかもしれません。しかし、〇レフ関係者なのか〇ウム元信者なのかわかりませんが、〇原彰晃に心酔している者の発言と思しきものも見受けられます。電話など従来型の通信システムがダウンした際、貴重な情報源となるインターネットも、こういった悲しい雑音で溢れかえります。大規模災害などの緊急事態が発生している最中、災害情報にオカルト要素を織り交ぜて情報を発信するのは厳に慎むべき行為です。〇原彰晃がどういった人物であったのか、当時の状況を詳しく知らない方なのかもしれませんが、テロリズムを称賛しているも同然の恥ずべき行為である点は知るべきです。

神の御心を理解できたならば、幸せになるための早道や解決方法が簡単に見つけられるはず(´・ω・`)

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。