人工精霊術者が考えるUFOと宇宙人について

    G+  B!  LINE

原理は人工精霊と同じ

UFOや宇宙人は人工精霊の一種であり、その発生原理は当サイトで解説する方式のものが、不特定多数の集団の意思に基づいて発現しているものと考えます。UFOや宇宙人の存在を信じる人々の思念が、大地(ガイア)を流れる気脈に吸収され、同調して融合、集団思念体(集団的な精霊体)が召喚されています。集団思念体の姿形などは、〇追純一スペシャルやオカルト雑誌ムーなどのメディアからの影響、身近にある工業製品などの視覚情報の影響を受け、無自覚に共通のデザインが適用され、アダムスキー型やマイヤー型など典型的なUFO像が視覚化されるのです。

グレイタイプの銀色ツルテカ宇宙人も同様で、結局、我々がすでに認知している既成概念や視覚情報に基づき、UFOや宇宙人が地球人の意識によって形作られているだけなのかもしれません。

ガイアの意思の一部と化している

人間の脳が神経細胞を網の目のように張り巡らせた意識体であるように、大地も気脈を網の目のように張り巡らせた…ひとつの巨大な意識体だと思います。気脈には様々な気や念が流れており、似通った思考や感情を持った人同士の思念は同調しやすいので、流れる気脈の中で融合して、UFOや宇宙人の元となる集団思念体が完成します。UFOや宇宙人の存在を強く信じる人々の集団思念体が、アダムスキー型UFOやグレイなど様々なそういった方向性のものを自在に可視化しているんだと思います。なので、結論から言いますと、UFOや宇宙人も幽霊のようなものと言えます。しばしば、宇宙人に誘拐されるなどと称する方は、案外、神社やお寺等へ行き、除霊のお祓いをしてもらうことで症状が治まるかもしれません。これもよく聞く話ですが…地底世界や地底人なんかも、ガイアの意思に一部と思われます。実際、一部のUFOマニアの方で、UFOなどの未確認飛行物体は地底文明に由来するものと説を唱えている人がいます。レトロSFな世界観で語られるような地底世界や地球空洞説も、それを強く信じている人々の思念が作り出した創造的産物と言えるでしょう。UFOや宇宙人、地底文明など、そのイメージ像がバラバラにならず、不自然なまでに統一感が保たれているのは、やっぱり、既成のメディアによる情報や身近なものからの影響を無意識に受けているからだと思います。本当に宇宙人が存在しているのであれば、我々地球人と同じ容姿をしているのは確率的にあり得ません。また、それほどまでに高度に科学技術が発展しているなら、肉体を機械や生化学体などに置き換えて、意識だけを活かす形で生命を維持、存続させているはずです。

高次元化して宇宙意思へ

UFOや宇宙人の存在を強く信じる人々の思念が集まり形成される集団思念体も唯一無二ではありません。地上世界には様々な趣向性を持った集団思念体が存在します。当然、集団思念体同士の共鳴と融合もあり、高次元化する事でより強力な意思を持ったものへと昇華します。仮にこれを高次元思念体と呼びます。もちろん、高次元思念体も唯一無二ではありません。同様に複数存在し、高次元思念体同士の共鳴と融合もありえます。この世界は物質的なものにしろ精神的なものにしろ、このような連続的な関係性で構成されているのです。

高次元思念体の中から神格化されたものが宇宙意思として進化しているんだと思います。UFOコンタクティーと称する人は、この最終思念体としての宇宙意思と交信しているのかもしれません。

認めたくないものだな、自分自身のバカさゆえの過ちと言うものを(´・ω・`)

注意事項はよく読んだ上で実行してください。また、実行に際してはすべて自己責任でお願いします。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。中学生以下の子は勉強と部活動に専念してね。

企業ドメインでのアクセスが確認されます。余計なお世話かもしれませんが、今は仕事に専念して退勤後に再度ご覧下さい。

人工精霊に関する主要な情報源としてはタルパアンテナ人工精霊まとめなどを活用して下さい。